web小説 小説家になろう おすすめ 感想 レビュー ランキング

WEB小説ランキングワールド

<伏線がすごい>この世界がゲームだと俺だけが知っている 感想

 

俺たち猫耳猫プレイヤーは、いつも道のないところに道を作ってきた。
だから今回だって、そうするだけだ

 

迫りくるバグ! 襲いくる理不尽! そして、それを覆す圧倒的台無し策! !

"ぼっち"ゲーマーの相良操麻(ルビ:さがら・そうま)は
ある日、悪名高いバグ多発ゲームの世界に入り込んでしまう。
「理不尽」と「運営の悪意」を具現化したような通称<猫耳猫>の世界で
バグ仕様を逆手にとったソーマの冒険がはじまる!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★★ 9/10

 

データベース

感想

上のあらすじだけだと、「あぁ、主人公がゲームの世界に転移してゲーム時代のLvとステータスで無双するというお話ですね、分かります。」と思うことでしょう。
だが、作品はたった一つの他に類を見ない設定によって、小説家になろうの中でも超異端作品に仕上がっているのです。
無職転生を異世界ものの王道とするなら、この小説はまさに邪道の極致と言えるでしょう。

で、その設定というのが・・・猫耳猫というゲームがバグ満載という伝説のクソゲーであるいうことなんですね。
そのバグを逆手にとって裏技、抜け道、奇策を駆使して活躍?していくという所がこの小説の最大の見所となっています。

 

ストーリー・・・A-

コメディ要素が強い作品なので、感動するようなシーンとかは期待しないでください。
つーかこの作品で感動するような雰囲気を匂わせてきたら・・・それは100%罠です(えー
でもそれを補って余りあるほどにオリジナリティと構成が素晴らしいです。
この小説の肝は間違いなく、猫耳猫スタッフの悪意に満ちた鬼畜設定と理不尽なバグによるクソゲー具合だと思うんですけど、
もうね、「よくこんなバグ思いつくなっ!」って感じで思わず著者を尊敬してしまうほどオリジナリティにあふれています。

ちなみに何個かこのゲームのクソゲー具合を例に挙げると

 

・ゲーム初っ端のイベントがプレイヤーの9割以上が一度は死亡している初見殺しの罠。

・水の中に入っていると、HPがどんどん減る →普通にお風呂で溺死する。

・放置すると繁殖しまくって世界を滅亡させるスライムがいる(モブモンスターです)。

・序盤でレベル上げとかやってると、さっさと攻略しろよとばかりにNPCにMPKされる。

などなど・・・

 

スキル関係のバグでも

エフェクト的には5メートルくらいの範囲を攻撃しているように見えるのに、実際の攻撃判定は2メートルもないというがっかり技『虚ろなるワイドスラッシュ』。

・スキルの攻撃判定のある場所と自キャラの当たり判定がある場所がなぜか重なって、使った瞬間高確率で死んでしまうという『一撃自殺ブラッディスタッブ』。

・数値入力のミスか、ダメージ倍率がマイナスになっていて攻撃すると相手を回復してしまうスキル『活人剣アサシンレイジ』。

などなど・・・

 

いや、マジで鬼畜だわ。イベントもわざとバグ作ったんじゃねえかってくらい開発スタッフの悪意に満ちてます。まるで本当にこのゲームをやっているかのごとく、読めば読むほど猫耳猫スタッフへのヘイトが溜まっていくでしょう。その辺の文章力もさすがですね。

ただその分、そんなバグやら設定やらを逆手にとって無理・無茶・無謀をやり通す時の痛快さはハンパないです!

読めば読むほどこのゲームの理不尽さに震え上がり、それと比例して猫耳猫プレイヤーへの尊敬の念を禁じえません。

 

「猫耳猫プレイヤーの途方もない時間と労力を懸けた行動ッ!僕は敬意を表するッ!」

(C)荒木飛呂彦 / 集英社

 

キャラ・・・A-

【主人公】 ソーマ・サガラ
ゲーマー時代は廃人猫耳猫プレイヤー、
猫耳猫の世界では無自覚に敵も味方も全てを引っ掻き回す変人奇剣使い
こいつについての感想はただ一つ、
「この主人公の場合に限って 常に最悪の解決方法を想定しろ 奴は必ずその少し斜め上を行く」

(C)冨樫義博 / 集英社

 

特に生贄の迷宮あたりから斜め上具合が加速度的に増していきます。

終盤あたりとか、マジで攻略前のこいつの説明は信用できねぇ・・・

この小説を読み終わる頃には、あなたは重度の『ソーマ不振』となっていることでしょう。

それにしても序盤はぶっ飛んだNPC達に振り回される比較的常識人だったのに、いつの間にか敵も見方も、読者ですらも振り回す変人ポジションに・・・

一個だけ不満なのは書籍版のソーマのイラストがちょっとギャグっぽい感じなので、もっとかっこいい見た目にしてほしかったなぁ~と思います。

なにしろなろうで読んでる時は『SAO』のキリトみたいなイメージで読んでたんで。
ミツキはあんなにかわいく描いてるのに!(えー

 

【ヒロイン】 ミツキ・ヒサメ、リンゴetc...
ハーレムと言っていいのかは不明ですが、複数のヒロインが登場します。
ただちょっと多すぎかなとも思いましたね。
初期から登場してるヒロイン3人くらいにしぼって、もっとサブキャラとか男キャラにもスポット当ててほしかった。

ライデンとか勇者とかほぼ1発ネタじゃねーか!
何しろメインキャラはほぼ主人公とヒロインのみで、後の登場人物はほぼ全員MOBキャラですから。

あとヒロイン全員も、出会った当初は主人公を振りまわす側だったはずが、
ソーマの非常識さが増すにつれ、ほぼ全員がいつの間にかツッコミ役にまわるという・・・

 

【その他】
主人公とヒロインを除く唯一のレギュラーメンバーである『くま』の存在感がやばい!
この小説はくまのためにあるんじゃないかと思えるくらいに、いい所を根こそぎ持っていくナイスガイです。
いや性別不明なんでガイではなく謎生物・・・つーか生き物かどうかも怪しい謎の存在ですね。
とにかく謎の存在の存在感がやばいと言っておきます。
あとはほとんどモブキャラばっかりですね。
あっ、準レギュのポイズンたんの毒舌無双は必見です。
その毒舌っぷりは猫耳猫内のNPC中最高レベルの勇者すら毒牙にかけるほど。

「もうやめて!とっくに勇者のMP(メンタル)はゼロよっ!!」

 

伏線~どんでん返し・・・S

とにかく伏線の張り方と回収の手並みが神懸かっています。

この作品の肝が猫耳猫の鬼畜設定と理不尽なバグなのは間違いないですが、

最大の見所は巧妙に張り巡らされたこの伏線の扱い方だと思ってください。

どうでもよさそうなギャグや設定、何気ない行動や風景が後々大きな意味を持ってきて本気で驚愕させられます。
「ここでその設定が生きてくるんかっ!?」「あの時の行動にはそんな意味がっ!?」「くそっやられた」

って感じで何度主人公に振り回されたことか

(C)大場つぐみ・小畑健/ 集英社

 

マジで主人公だけじゃなくて地の文も含めて、攻略方法の説明は一切信用できねぇよ!

いや、ウソをつかれてるわけじゃないんですけど、巧妙な言い回しで見事にミスディレクションさせるように罠がしかけられてたり、核心の部分だけ見事に隠蔽されていたり、ぶっちゃけ「猫耳猫スタッフより悪意があるんじゃねーの?」
と、著者の人格を疑うレベルです(えー

ただ、その分だけ伏線の回収~大どんでん返しに持っていった時のカルタシスはヤバい!!

 

笑って、驚いて、もっぺん笑って痛快な気分を味わうには最高の作品ですね。

そして道なき道を突き進む猫耳猫プレイヤーの気高さと執念とアホさに驚愕して、尊敬して、ドン引きして下さい(えー

 

最後に『このゲームと全ての猫耳猫プレイヤーに幸あれ』

 

 

<個人的名言・名シーン>

『猫耳猫wiki』のFAQの一つ目には、ただ、こうある。

Q:○○なんですけどバグですか?
A:バグです。

あまりに潔いそのたった四文字の返答が、つまりは『New CommunicateOnline』というゲームの全てなのである。

(猫耳猫の説明シーン)

 

「俺たち猫耳猫プレイヤーは、いつも道のないところに道を作ってきた。
だから今回だって、そうするだけだ」

(ソーマ・サガラ)

 

実際、「天空都市で誰かを倒す」と言ったら、猫耳猫プレイヤー百人中百人が「あ、落下死ですね分かります」と答えるだろう。
いや、むしろ天空都市まで行ったのにそこからモンスターを落とさないなんて、それは逆に天空都市先輩に失礼だとすら言える。

(ソーマ・サガラ)

 



 

感想 小説家になろう感想    コメント:0

<電撃大賞史上最高傑作>86―エイティシックス―(電撃文庫) 感想

 

 

いつか、おれ達が行き着いた場所まで来たら、花でも供えてくれませんか

 

“その戦場に死者はいない”――だが、彼らは確かにあそこで散った。

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。
そう――表向きは。
本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。
死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。
二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!

 

総合評価・・・★★★★★★★★★ 10/10

 

感想

ふふふ、ふはは、ふはははは!

いやぁ~、思わず正しく笑いの三段活用を実行してしまうほどに衝撃的でした。

ホントは今日はWEB小説の感想をあげる予定だったのが、気付けば普通のラノベの感想を書いてしまっていたぜ(えー

この小説はSAO(19)のついでに買ったようなもんだったんですが・・・

正直今年の個人的ラノベランキングNo.1候補ですね。というか歴代NO.1かもしれないくらいの破壊力でした。

 

 ストーリー・・・S

伏線の張り方、物語の展開、文章力のどれをとってもずば抜けていてます。

あとがきで著者が書きたい話を書きたいように書いた作品といってますが、

それでこの完成度はありないでしょう。

どう見たってこの作品は新人のレベルを遥かに超えてる・・・!えー

(C)附田祐斗・佐伯俊/集英社

最初から最後までノンストップでおもしろいですが、

あえてお気に入りシーンをあげるならば、

『アルバのいい人』達のエピソード、

86(エイティシックス)達の気高さを表す終盤の会話シーン、

そして何より、ラストバトル後からエピローグまでの展開は神がかっています

「ラストの一文まで文句なし」という帯の時雨沢先生のコメントに偽りなし!!

 

キャラ・・・B+

正直そこまでぶっ飛んだキャラはいないですが、

それが逆に終始シリアスなこの作品に合っていると思います。

隊員のみんなもそれぞれに個性があるんだけど、あえてできるだけ普通の少年少女に描いてるんじゃないですかね。

終盤で「こいつらなんて強いんだ・・・」と思わせるために。

あと、ガーターベルトは素晴らしい(えー

いや、ガーターベルト好きなんじゃないです。レーナのガーターベルトが素晴らしいのです(えー

ちなみにお気に入りキャラは機械のファイドです。

セリフは「ぴ」しかないのになんて感情表現豊かなんだこいつは・・・!

評価B+のプラス分は間違いなくファイドのおかげです。

 

感動・・・S

『アルバのいい人』達と『スピアヘッド』の高潔さ。

遠く隔てた少年と少女の心の交流。

絶望の中を進み続ける少年少女たちの強さ。

これでもかってくらい「感動しろよっ」ってスーリー展開んですが、

まんまと感動してしまいましたよ、僕は!

ぜひ彼らの行きつく先を見届けてください。

 

<個人的名言・名シーン>

「 ファッキン・グローリー・トゥ・スピアヘッド・スコドーロン(スピアヘッド戦隊にクソ栄光あれ)」

(クジョーの落書き)

 

「最初の部隊で、他の奴らと約束をしたんです。死んだ奴の名前をそいつの機体の破片に機体の破片に刻んで、生き残った奴が持っていよう。そうやって最後まで生き残った奴が、そいつの行きつく場所まで全員を連れて行こう、と」

(シン)

 

「いつか、おれ達が行き着いた場所まで来たら、花でも供えてくれませんか」

(シン)

 

 



 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

<なろう屈指の名作>無職転生- 異世界行ったら本気だす – 感想

 

辛い事もあったし、嬉しい事もあった。
けれど、終わりじゃない。
俺はまだまだこの世界で生きていく。
生きていくのだ。
いつ死んでも後悔しないように。
本気で。

34歳無職童貞のニートは無一文で家を追い出され、自分の人生が完全に詰んでいたと気

付く。己を後悔していた矢先、彼はトラックに轢かれ呆気なく死んでしまう。
ついで目を覚ました場所は――なんと剣と魔法の異世界だった!!
ルーデウスと名付けられた赤ん坊として生まれ変わった彼は、
「今度こそ本気で生きて行くんだ……! 」
と後悔しない人生を送ると決意する。
前世の知能を活かしたルーデウスは瞬く間に魔術の才能を開花させ、小さな女の子の家庭教師をつけてもらうことに。さらにはエメラルドグリーンの髪を持つ美しいクォーターエルフとの出会い。彼の新たな人生が動き始める。
――憧れの人生やり直し型転生ファンタジー、ここに始動!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★★ 9/10

 

データベース

 

感想

なろう公式の累計ランキング堂々の1位
今では一大ジャンルを築いており、なろう作品の最大派閥とも言える『異世界転生』もののさきがけかつ金字塔とも言える作品です。
私の中では異世界転移ものと言えば『永遠のアセリア』(おいっ
異世界転生ものと言えば『無職転生』と言えるくらいの作品なのです。

 

タイトルが残念とか言ってはダメなのです。

 

WEB小説とは思えないくらいストーリー、キャラ、世界観&設定の全てが高レベル
で、文章力も一般的なライトノベルの水準以上じゃないかなと。

 

 

ストーリー・・・A

この作品のストーリーを一言で表すなら

 

「他の誰でもない、これはルーデウスの物語だ」

 

(C)FINAL FANTASY10 / SQUARE ENIX

 

この物語は常に主人公のルーデウス・グレイラットを中心に語られています。

いかにルーデウスが一生懸命に人生を生きたかというのがこの小説のテーマであり、最後までそれがぶれることはありません。

 

例えばアスラ王国編やザノバ編なんかでは、友人のアリエルやザノバが中心の話で、ルーデウスは言ってみればゲストのようなポジションなんですが、

物語としてはルーデウスがどのようにその出来事に関わり、何を考え、何を成したかということに主軸が置かれてるんですね。

おもしろい小説はいっぱいありますが、物語を味わいたいならやっぱりこの小説が一番ですね。

 

あとストーリーの展開が秀逸なんですよね。

ちょうど話が落ち着いてダレてきそうだなってところで、ストーリーがガラリと動くポイントが挟まるんですけどそれが読心術でも使えるんじゃないかってくらい絶妙のタイミングをとらえてきます。

なんどこっ、こいつわかっているじゃないか!!」と思ったことか。

 

ただ惜しかったのは最終対決ですね。

いや、最終対決が盛り上がらなかったかというとちゃんと盛り上がったんですよ?

ただもっと振り切れたんじゃないかなと思ってしまうのです。

それこそFateのunlimited blade worksばりに!

なんのこっちゃねんという方はとりあえずFateをやって無職転生を読んでください(えー

読んでも分かんない可能性も高いですが(おいっ

 

ただその後のギースとのやりとりはやばかった!

まさにこの物語のテーマを凝縮したシーンじゃないかなと。

そこからエンディングまでの流れと合わせて、読後の余韻が素晴らしかったです。

 

 

キャラ・・・A

【主人公】ルーデウス・グレイラット

天才魔術師にして笑顔がキモいイケメン変態紳士

前世がオタクの引きこもりニートということで、なかなかにアクの強いキャラしてます。

好みが分かれそうなキャラですが、個人的には超高度な魔術を駆使してフィギュアを製作したりする無駄にアホなとことか大好きです。

ただ同時に小説家になろうの作品の中でも屈指の人間味のある主人公でもあります。

なろう系の主人公って基本悩んだり迷ったりしないヤツが多いんですが(批判じゃないですよ?決して批判じゃないです)

ルーデウスは普通の人間らしく、悩んだり、考え込んだり、迷ったりします。というか割と迷ってます。

でも決してウジウジしてんじゃなくて、家族や友人のために最善を尽くそうとするが故に悩むっていうポジティブな感じなんですよね。

また、基本お調子者なんですが、前世の反省で常に調子に乗りすぎないよう自分を戒めてるのも個人的は好感が持てました。

あとはは常軌を逸したロキシーへの褒め称えっぷりがかなりツボでしたね。

変人キャラにみせて、この無職転生の世界の中では割と常識あるほうなんですが、

ことロキシーのことになると一切歯止めがきかなり、暴走度が神がかります。

単純に僕がロキシー好きなせいもありますが(えー

 

【ヒロイン】ロキシー、シルフィ、エリス

ハーレム要素があるので、複数のヒロインが登場するんですが、

どのヒロインもしっかりキャラが立ってるのと、それぞれがちゃんと最後までヒロインしてます。

主人公がちゃんとそれぞれのヒロインを愛してるのもしっかりと伝わってきて、

そのあたりの書き方がすごく上手ですね。

ちなみにそれぞれのヒロインのかわいさポイントをあげるとすると、

シルフィの従順さと抱擁力

ロキシーがルーデウスに崇め奉られた時の慌てっぷり

エリスの顏を真っ赤にしながらのボレアスパンチ(えー

あたりかなぁと。

あとこれだけは言っておきたいのが・・・

書籍版の挿絵で、エリスのおねだりシーンの表情が超エロい!!(えー

 

【その他】

ヒロイン以外にも妹や獣娘などかわいい女の子がいっぱい登場するんですが、

それ以上に男性キャラがかっこいいです。

いや、かっこいいというよりはいいキャラしてるというべきか・・・。

ルイジェルドは渋い、ザノバは変態だし、バーディカーディは魔王のくせにいい奴だし。

彼らとルーデウスの友情もこの作品の見所の一つと思います。。

 

世界観・・・A

とにかくストーリーとキャラが素晴らしく、物語を構築する世界観も綿密ですごいです。

歴史や神話、世界の構造、魔王や神様といった壮大な世界観の中で、

たった一人の男とその家族の人生に物語が収束していく様は圧巻と言えます。

 

 

 

<個人的名言・名シーン>

「そんな、勝てるも何も、ロキシーは存在自体が俺より上位じゃないですか!」

(ルーデウス)

 

「いいや、違うね。センパイが、ちゃんとやったからさ。

 ちゃんと話をつけて、ちゃんと信頼を得て、

 まっとうに仲間になってもらうように努力したからさ。

 だから、ちゃあんと、いざって時に、話を聞いてくれる、指示をうけてくれる」

(ギース)

 

 



 

感想 小説家になろう感想    コメント:0

サイト公開

 

はじめまして、サイト管理者の八真八 真(はまや しん)です。

 

このサイトは小説家になろうを中心としたWEB小説のデータベース・・・を目指したサイトです。

いや、PHPとか全く分からないど素人がいきなりデータベースサイトを作ろうとしたのは無茶がありました(汗

まだとりあえず体裁が整った程度の状態ですが、頑張ってちゃんとしたサイトにしていきたいと思います。

 

一応このサイトを作った経緯ですが、ソードアートオンラインきっかけでWEB小説にはまったのですが、

あまりにも投稿されている小説の量が多く次に読む小説を探すのにデータベースサイトのようなものがあればな~と思い、

前からサイト作成には興味があったので、勉強もかねて作ってみるかという安易な気持ちで始めた次第です。

 

いや、分かってます。。。

ちゃんとサイト作ってから公開しろよって話なんですが、こつこつ内職みたいに作るのもモチベーション的に限界でして・・・

とりあえず最低限のフレームはできたので、あとはサイト公開しながら内容を充実させていければいいかな~なんて(えー

 

ご意見、ご要望等はメールフォームからお願いします。

アップしてほしい作品や追加してほしいタグ、ランキングや作品検索ページなどコンテンツの追加要望など

ありましたらお願いします。技術的に可能かは今後の私の勉強というか努力次第ですが(えー

あと、感想サイトの情報提供なんかもいただけるとありがたいです。

一応言っておくと、なにぶん個人的な趣味のサイトなのでサイトに関する批判などはご遠慮願います。

と、とにかく頑張りますので、生暖かい目でサイトの成長を見守ってくれればと切にお願いします(汗

 

とりあえず、このページでは僕個人の感想やどうでもいい雑記なんかを載せていく予定です。

 

 

 


 

 

その他    コメント:0