ライトノベル web小説 小説家になろう おすすめ 感想 レビュー ランキング

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

『冴えない彼女の育てかた』 13巻 感想

 

冴えない彼女の育てかた13 (ファンタジア文庫))

丸戸 史明 (著), 深崎 暮人 (イラスト)

 

どうかな?

わたしは、あなたが望むメインヒロインに、なれたかな?

 

「俺…恵が好きだ!三次元のお前が好きだ!」“転”のイベントを乗り越え「blessing software」の新作ゲームも完成までラストスパートを迎えた俺は、恵へ一大決心の告白をした。「お前を、胸がキュンキュンするようなメインヒロインにしてやる!」桜舞い散るあの坂道での運命の出会いからすべては始まった。いくつもの困難にぶつかりながらも、一緒に夢を追いかけてくれた仲間たちがいたからこそ、向き合えた想い。「わたしは、あなたが望む、メインヒロインに、なれたかな?」もうお前は、冴えない彼女なんかじゃない、胸がキュンキュンするメインヒロインだ!冴えない彼女との恋物語、完結!

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★★★☆ 8.5/10

 

感想

万感の想いを込めて……『冴えない彼女の育てかた』最終巻の感想です。

 

ストーリー

ぶっちゃけ物語の9割は12巻とGirls Side 3巻でほぼ決着がついているので、12巻ラストの倫也の告白シーンの続きとなっている第1章が事実上の最終章で、それ以降はほぼエピローグといってもいいと思います。

ただ、間違いなく最高の最終章であり、エピローグでした!!

 

 

まず第1章での倫也と恵のイチャイチャっぷりがたまらなすぎます!

こう、普通にイチャつくんじゃなくて、あまりにもこの二人らしいやりとりに読んでいて顏がニヤケるのが止まりませんでした。

マジ自宅で読んでてよかったよ……。

もう一度二人で倫也の家に戻るまでの二人の掛け合いなんて、ひたすら倫也の地の文でのツッコミにシンクロしまくりでした。

 

そして第2章以降では「blessing software」の新作ゲームの完成と冬コミに向けての話を進めつつ、主要キャラとのもろもろに決着をつけていきます。

特に英梨々と詩羽との決着、二人に対する倫也の想いもしっかりと描かれていて、これがまた素晴らしかった!

単純に恵を好きになったからごめんっていうのじゃない、もっと複雑な倫也の想いがしっかりと伝わってきました。

割と僕はラブコメ作品だと、ラスト付近でのサブヒロインの扱いが不満で、「主人公とメインヒロイン良かったね」って気持ちより「サブヒロインかわいそう」ってなってしまうことが多いのですが、この作品に関してはしっかりと納得のいくもので、素直に倫也と恵を祝福できました。

それと同時に「ああ……本当に『冴えカノ』終わるんだな」という寂しい気持ちも。

 

そして冬コミから年が明け年度が変わり、正真正銘のエピローグ。

本当に最後の最後までこの作品らしい展開、掛け合いで安心させてくれました。

それでも最後の挿絵と「おしまい」の文字に、やっぱり「ああ……本当に終わってしまった」という寂しくも万感の余韻を残してくれました。

 

キャラ

キャラについてはぶっちゃけあまり書くことはないんですが、この最終巻に至ってみんな過去最高に輝いてたんじゃないかなと、特に「blessing software」のメンバーについては正に最後を飾るにふさわしい活躍でした。

 

総評

ということで、正に感無量といった感じの『冴えカノ』最終巻でした!!

 

思えば元々PCゲームのシナリオライターとしての丸戸さんのファンだったので、1巻が発売したときは「それよりゲームのシナリオ書いてくれよ」と思っていたんですが、発売された作品読んだ時は「ちゃんとライトノベルらしい話、作品になってる!」と感嘆した記憶があります。

そして今は「最期までしっかり書き切ってくれてありがとうございます!!」という気持ちで一杯です。

我ながら現金な奴だ(えー

 

そしてしっかりとラノベらしい作品に仕上げながらも、ラストの一文まで読み切った後の余韻の感じ方は「やっぱり丸戸さんの作品だ」と感じさせてくれるものでした。

改めて素晴らしい作品をありがとうございます。お疲れさまでした。

 

 

<個人的名言・名シーン>

「どうかな?

 わたしは、あなたが望むメインヒロインに、なれたかな?」

by 加藤恵

 

正直他にも名シーンはたくさんあったけど、今回は敢えてこれ一つだけに。

 

 

 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

『ようこそ実力至上主義の教室へ7』 感想

 

ようこそ実力至上主義の教室へ7 (MF文庫J)

衣笠彰梧   (著),    トモセ シュンサク (イラスト)

 

これでいい。

これでいいんだ。

何度もそう自分に繰り返す。

わたしはここで、壊れてしまうけど。

何故だか自分が、少しだけ誇らしかった。

 

新たな学園黙示録第七弾!

2学期も終了間近の12月半ば、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……。そのような状況で清隆は唐突に茶柱先生に呼び止められる。珍しく弱気な表情の茶柱が案内した先にいたのは――「既に退学届は用意させてある。校長とも話がついている。後はおまえがイエスと言えばそれで終わりだ」「あんたの命令が絶対だったのはホワイトルームの中での話だろ。あの部屋はもうない。命令を聞く必要もない」退学を迫る清隆の父親、そして学校の理事長から、秘められた高度育成高等学校のシステムが語られ――!?

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★ 7/10

 

感想

ようやくDクラス、龍園との完全決着となった『ようこそ実力至上主義の教室へ』、通称『よう実』7巻の感想です。

見所としてはついに登場した清隆の父親、茶柱先生に従う必要がなくなった清隆のとる道、軽井沢恵の成長と決意、龍園との完全決着といった所でしょうか。

 ストーリー

前巻の引きから、今巻がDクラスとの完全決着編になるのは予想がついていましたが、まさか序盤でこれまで引っ張ってきた父親がいきなり登場したのは予想外。ただ7巻のストーリーに直接絡むエピソードでは無かったので、今後の展開に向けての布石なのかなと。何よりこれによって茶柱先生との暗黙の契約が破棄となったのは大きなことだと思います。ただそのせいで主人公がDクラスが上を目指すことや、鈴音の目的に積極的にに関わることがなくなったんですが、今後主人公をどうやって物語に関わらせていくのでしょうか。多分、前生徒会長の堀北兄となんらかの契約を交わして、そのために動くという展開なんでしょうが、これまで同様の主人公のスタンスなら、別に今まで同様茶柱先生との契約のために影からDクラスや鈴音を手助けするのと何ら変わらないので、ここは予想もつかない展開を期待したいですね。やっぱこれまでのクラス対抗的な流れから生徒会絡みの話になっていくのかな?この辺は次巻の楽しみといったところ。

 

肝心の龍園との決着についてはまさかの力づく!!これはある意味完全な予想外でした!

一応、龍園が暴力に訴えてくる所まで読み切り、逆にその舞台を整え、龍園の手の上で踊ったふりをして逆に踊らせていたってことなんですが、前巻のラストからもっと裏で色々動いて龍園の心を折りに行くのかと思ってただけに、ちょっと拍子抜けしてしまった感があるというのも正直なところ。

 

ただこれまで以上に主人公の冷静冷酷っぷりと完璧超人無敵っぷりは際立っていたので、主人公の圧倒的強者巻を楽しみにしてる方にとっては最高の展開ではあるかと思います。

 

それにしてもここまで主人公が飛びぬけていると、もしかして清隆自身がこの作品のラスボスになるんじゃないかという可能性も疑ってしまいますね。本人も敗北を知りたがってるみたいだし(えー

 

キャラ

主人公、龍園、軽井沢中心の展開になるのは前巻の引きから予想通りでしたが、まさかこの節目の巻で掘北が完全に空気扱いとは・・・・・・!!(えー

それはさておき、今巻でついに清隆の父親が初登場。ただ思ってたより大物感が薄かったかなと。てっきり父親がこの作品のラスボスになるのかなと思ってたけど、どうも違う気がするなぁ。正直言って高円寺の方がよっぽど大物感を感じる描かれ方してますね。

高円寺と言えば、彼と龍園、坂柳の絡みも必要だったのかなと。あれによってちょっと龍園と坂柳に小物感を感じてしまいましたからね。特に今後のストーリーを考えると坂柳に関してはもっと神秘的なキャラでいてほしかったという気持ちが強いです。あれだと龍園と坂柳相手に天上天下唯我独尊な高円寺の大物感が強まっただけじゃないのかなという気がしました。

 

そんな中、今巻で一番良かったのは間違いなく軽井沢恵でしょう。もう7巻に関しては彼女がヒロインで主人公だと言ってもいいくらい輝いてました。この作品は主人公がずっと本音と本性を現さず、ブレも変りもしない分、対比的にその他のキャラの心理描写や成長が素晴らしいですね。 

というかこの作品、巻が進むにつれてどんどん主人公の好感度を下げていって、逆にその他のキャラも好感度をどんどん上げていくような描写が目立つ気がするんですが……(えー

 

でも誰一人退場しないまま、どんどん主要キャラが増えていってるけど、ちゃんと収集できるのかという不安が。いつの間にか空気になってるキャラとか出てきそうで怖い……

逆にこれだけのキャラを途中で空気にすることなく、一人一人きっちり描き切れたら、めっさすごい作品になるんじゃないかという期待もあります。

 

 

<個人的名言・名シーン>

これでいい。
これでいいんだ。
何度もそう自分に繰り返す。
わたしはここで、壊れてしまうけど。
何故だか自分が、少しだけ誇らしかった。

by軽井沢恵

 

それはそれで、なんとなくあたし格好いいじゃない?

by軽井沢恵

 

 

管理人のライトノベル(ラノベ)等感想リストへ戻る

 



 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

『この世界に i をこめて』 感想

 

この世界に i をこめて (メディアワークス文庫)

佐野 徹夜 (著), loundraw(イラスト)

 

――小説を愛してる、すべての人に

 

生きづらさを抱え、退屈な高校生活を送る僕に、ある日届いた1通のメール。
【現実に期待なんかしてるから駄目なんだよ】
でも、それは届くはずのないメール。送り主は吉野紫苑。彼女は、屈折した僕の唯一の女友達で、半年前に死んでしまった天才作家だった。
あり得ないはずのメールのやりとりから、僕は失った時間を取り戻していく。やがて、遺された吉野の最後の言葉に辿り着いた時、そこには衝撃の結末が待っていた――。

 

「僕たちの人生を大きく変えうる力をこの小説は持っている」
loundrawも大推薦。愛と再生の感動ラブストーリー。

 

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★★★ 9/10

 

感想

ラノベの新刊に加えて、西加奈子先生や伊坂幸太郎先生やらの新作がようやく文庫化されたおかげで、読みたい新刊の量と読書に割ける時間と読書スピードのバランスが壊滅的です・・・・・・

 

そんな詰んでる状況の中、これは発売されたら真っ先に読もうと決めていた、第23回電撃小説大賞《大賞》を受賞した『君は月夜に光り輝く』が20万部越えの大ヒットとなっている佐野 徹夜先生の新刊、『この世界に i をこめて 』の感想です。

 

管理人の『君は月夜に光り輝く』感想

 

総評としては、前作に通じる作品の雰囲気をしっかりと持ちながら、前作とはまた違ったアプローチで、でも前作同様作品の世界に引き込まれるような魅力ある物語でした。

『君は月夜君に光り輝く』が万人におすすめしたい感動作だとすると、今回の作品はハマッたらヤバい、とにかく一度読んでみてほしい作品といった印象でしょうか。

とか、冷静に語ってますが、僕は読み終わった後しばらく放心していたほどガッツリこの物語に引き込まれました!!

本音を言うと、休みの前日の夜とかに読むべきだった!それぐらい読後の余韻がハンパなかったです!!

 

 小説を愛するすべての人に捧ぐ、「愛」と「小説」についての物語

前作の『君は月夜に光り輝く』が剛速球とも言えるようなストレートなラブストーリーだとすると、『この世界に i をこめて 』は”超”高速スライダーとも言える、ラブストーリーとしては少し異質な感のある物語。

あらすじでも「ラブストーリー」と書いてますが、「恋愛」ではなく「愛」についての物語と言った印象。

なにより、巻頭に書かれている通り、「小説を愛してる、すべての人に」捧ぐ物語――というのが一番しっくりきますね。

この辺りが万人におすすめというより、ハマったらヤバい作品と前述させてもらった理由ですね。

僕個人としては、純粋なラブストーリーは少し照れちゃう部分があるので、こういう話の方が性に合ってたりします。

だからこそ純粋に面白かった!!

 

ストーリーの概略としては、かって小説が大好きで、自身も小説書きだった主人公の染井浩平は、同じく小説が大好きで天才とも言える作家だった女友達の吉野紫苑の死をきっかけに、小説を読むのも書くのもやめてしまう。彼女の死後、世界そのものに退屈を感じてしまっていた主人公は現実逃避の手段のようなものとして、吉野がいなくなった後も彼女に向けて何気ない日常のメールを送り続けていました。ただある日、あり得るはずのない彼女からの返信が届いて……といった感じで、少しファンタジー的な要素を感じる展開となっています。ただこの作品のテーマはその部分ではなく、死んだはずの吉野からメールが届いたわけについても物語中盤で明かされることになり、むしろその先にあるものこそが本題といったところ。あくまでこれは「愛」と「小説」についての物語であると。

 

『君は月夜に光り輝く』でも思ったんですが、佐野先生はちょっとファンタジー的な部分を、メインではなく物語の一つの要素として使うのがすごく上手いですね。

読み手に非日常を感じさせて現実から物語の世界に引き込みながらもリアリティのあるストーリーに感じるのはこういう部分のバランスが見事だからというのも一つの要因かと。

 

本当に主人公が語っているんじゃないかと錯覚してしまうような、不思議な魅力の文体

この作品のもう一つ素晴らしいのが、物語への没入感のすごさではないでしょうか。

一度読み恥じ始めたら、読む手を止めずに最後まで一気に読ませてしまう力と、読み終わった後に作品の世界から現実に戻って来てしまったと感じさせるような、圧倒的な読後感があります。

多分その要因は作者の文章力、というか文体にあるかなと。

 

『は月夜君に光り輝く』もそうだったんですけど、シンプルで読みやすいのに、何とも言えない虚無感を抱えつつ、とうとう語らえる独特のリズム、達観しているようでどこか青さを感じる語り口調が高校生の主人公の一人称とマッチして、作品全体の世界観となっているように感じます。この文体の特徴がまるで本当に主人公が自分の人生・青春を語っているような、実際に作品の世界の中から主人公の物語を、読むのではなく見ているような、圧倒的な没入感を生んでいるのではないかなと。

 

正直、佐野先生の一番の魅力はこの文体じゃないかなと思いますね。それぐらい単純に文章が素晴らしいので、物語どうこう抜きにしても、やっぱり一度読んでみてほしいです。

 

 

<個人的名言・名シーン>

「小説、書いてますか」

「書いてません」

 一発、殴ってやろうと思った。

by ??? & 染井

 

「私は本当に、つまらない人生。将来見えてる。どこで何してもしょうがない。わかって。本気出せない人生なんだ。知ってる?そういう人がいること」

「私の分まで、本気出してよ」

 声が震えていた。

 よく見る。

 目に、涙が滲んでいるのが見えた。

「本気出して」

by ???

 

 少し怖くなって祈る

 僕の信じる僕の才能が消えていませんように。

 どうか。

 僕の生きる意味が、まだ残っていますように。

by 染井

 

 

 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

『魔王は服の着方がわからない』 感想

 

魔王は服の着方がわからない (ファンタジア文庫)

長岡 マキ子 (著), MB(著, 監修), U35 (イラスト)

 

魔王でオタクな俺でも、おしゃれをすれば恋ができる…のか?

 

オタク文化にハマった俺、魔王・真野央大は理想の嫁と出会うため、オタクの聖地・日本の高校へやってきた!早速同級生の白石乃音さんに一目惚れし、勝負服(超クールな魔王マントだ)を着てアタックしようとしたら「なんちゅー格好で話しかけてんのよ!」クラスメイトの藍野瑛美が水を差してきた!え、俺の服ってそんなにヤバい?「仕方ないわね。うちに来て」流れで藍野とファッションを学ぶことになり!?藍野の着替えを目撃するトラブルもあったけど、アドバイスのおかげで念願の白石さんとのデートも決まってー。魔王でオタクな俺でも、おしゃれをすれば恋ができる…のか?

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★ 6/10

 

感想

前回、漫画の『ランウェイで笑って』の感想を書いたので、一応ファッション関係つながりということで『魔王は服の着方がわからない』についての感想です。

 

『ランウェイで笑って』1巻 感想

 

服の選び方の解説書的な作品

作品としてはあくまで服の着方・選び方の解説がメインで、そこに異世界からの逆転移設定やラブコメなんかのラノベ要素をくっつけた感じですね。

なのでどうしても主人公達の物語よりも服の解説が前面に出てきてしまっているなという印象が強くて、ストーリーやキャラが心に残りにくくなっちゃってるのがもったいないところ。

作中でドレスとカジュアルの割合7:3が理想と解説していましたが、この作品も服の解説:物語が7:3くらいになっちゃってるけど、そのバランスはむしろ逆の方がラノベとしては面白かったかなと。

 

ストーリー自体は異世界からやってきた、魔王がそのありえないファッションセンスで転校先の学園でディスられまくるわけですが、クラスメイトでメンズ服好きな同級生に服の選び方を教えてもらってまともな格好になっていくにつれ、周囲からの評価も変わり、楽しい学園生活を送るようになっていく――という展開なわけですが、読んでる最中ずっとなんか既視感のある展開だなと思いながら読んでたんですが、途中で気づきました。これ進研ゼミだっ!!

あれも、勉強で悩んでいる主人公が友達に進研ゼミを紹介してもらって、それのおかげで成績が上がると共に周囲の評価が変わり、学園生活の色んなことも上手くいくようになっていくっていうのが定番の展開なんですが、この作品もまさにそういったストーリーとなっています。

 

ぶっちゃけ今回の感想で一番言いたかったのはこれです!(えー

弁解しておくと、僕は子供のけっこう好きでしたよ、進研ゼミの漫画。気付いた瞬間あまりの懐かしさにちょっとテンション上がってしまいました。

だれか共感してくれる人いないかな……

 

ファストファッション激押しで安くておしゃれに見られる服の選び方を解説

この作品のファッションにおけるテーマは「お金をかけずに安い服で、周りからおしゃれと思われる服の選び方」となっています。

服の選び方についてはすごく論理的に分析・解説されているので、テーマに共感された方はかなり参考になるんじゃないかなと。

 

ただユニクロやGUを実名で、具体的な商品までべた褒め激押ししてるのは、僕みたいなひねくれた人間としては大人の事情なのかなとか思ってしまったり……。

というか2回目の買い物の時、わざわざ少し遠くのショッピングモールまで出向いて、入ったお店がまたしてもユニクロとGUって!!(1回目は近場のショッピングモールのユニクロとGU)

わざわざ遠出した意味は!?

あと、白シャツと黒のスキニーデニム(作中ではスキニージーンズと表記)のコーディネートをおすすめされた時は正直、「でた!!白シャツ、黒スキニーデニム!」と思ってしまいました、すいません。

まあ、テーマお考えると初っ端に鉄板を持ってくるのは仕方ないのかなと。

ちなみにこの組み合わせ、僕は壊滅的にスキニーデニムが似合わないので、鉄板だからって誰にでも似合うと思うなよ!!(えー

 

 

最後にめっさどうでもいい余談を。作中でディスられまくったまひるんるんパーカーについて。

なんか若者に人気のブランドでこんなパーカーが出てて、めっさ売れてるらしいです。というかZOZOとか完売らしいです。マジかよ……

 

一応言っとくと僕は持ってないですよ。若者じゃないし……

ただまひるんるんパーカーのイラスト見た時にまっさきにこのパーカーが思い浮かんだというどうでもいい話でした。。。

 

 

 

 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:1

『ランウェイで笑って』1巻 感想

 

ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス) 

猪ノ谷 言葉 (著)

 

これは、わたし 藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語

そして――

都村育人が トップデザイナーに至るまでの物語

 

身長は、158cmから伸びなかった・・・。
藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。
モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。
そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?
「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。

身長は、158cmから伸びなかった・・・。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★ 8/10

 

感想

今回はラノベじゃなくて漫画の感想。

今、個人的にかなりハマっている『ランウェイで笑って』 というファッション業界を舞台にした話です。

ストーリーとしては幼い頃から服作りが好きで、「ファッションデザイナー」を夢見つつも家庭の事情で高校卒業を機に就職しようとしている主人公の都村育人が、同級生でスーパーモデルを夢見る藤戸千雪とのひょんなエピソードをきっかけとしてファッションデザイナーへの道を歩みだすという物語で、第1話なんかは普通の高校生だった主人公が作った服がファッション誌のスナップに掲載され、それを芸能人がSNSで拡散して……というまさに絵に描いたようなシンデレラストーリーといった展開なんですが、個人的にこういう一般人だった主人公が才能を開花させて成り上がっていく物語は大好きなんで読んでてゾクゾクくるものがあります。

 

そしてこの作品のもう一つの特徴なのが、舞台となるファッション業界について、かなりリアリティのある描写をしてるところですね。1巻ではまだ東京ファッションウィークのコレクションの始まりまでしか物語は進んでいませんが、この後のコレクションの様子とか展示会の話とか合同展に来るお客さんとか、かなりしっかりと取材されてるなというのが分かるのと、この作者の方、マジでめっさ服好きやん!!ってのが伝わってきて、読んでるこっちもそういう気分にさせてくれます。

 

なにより今の時代の日本において、ファッションは終わった・ファッションはダメだと言われてる中、あえてこのテーマに挑戦する心意気!!

ぶっちゃけ一般受けとか異性受け気にするだけなら、ファストファッションとかセレクトショップのオリジナル商品とかで無難に白シャツ・黒のスキニーデニムの組み合わせを選んでおいても十分ですからね。

そんな中で、この作品を読んで作中の○○さんのように(すいません、そのシーン2巻以降です)、服そのものに興味を持つ方が増えたらいいなと

 

ストーリー

モデル事務所の社長の娘で、パリコレに出るようなスーパーモデルを夢見ており、周りからも将来を期待されていたヒロインの藤戸千雪。

 

ただ、高校3年生になった彼女には身長というどうしようもない壁が立ちはだかることになります。

 

ショーモデルの仕事はあくまで主役である服を魅せること。

そのための身長とスタイルであると。だからスーパーモデルになるのは無理だと。

 

一方の主人公の都村育斗は冴えない貧乏な高校生。

 

 

そんな彼が密かに抱いているのがファッションデザイナーになりたいという夢。

 

でも服飾の専門学校に通うお金のない、家族の暮らしのためにお金を稼がないといけない育人は、夢を諦めて普通に就職の道を進もうとします。

一方の千雪も、父親の事務所「ミルネージュ」でモデルになることを諦め、他の事務所でモデルになる道を探します。

そんな中で改めて千雪は自分の夢を見つめなおします。

 

 

自分の夢は、ただパリコレに出ることじゃない。

父親の事務所で、モデルとなって活躍することだと。

 

 

そして、迷いを振り払い夢を追いかけることを誓った千雪は再びミルネージュのオーディョンを受けることを決意します。

育人の服を着て。

 

 

 

 

 

感想 その他感想    コメント:1

最近のコメント