web小説 小説家になろう おすすめ 感想 レビュー ランキング

WEB小説ランキングワールド

<アニメ化&映画記念>サクラダリセット 感想

 

 

 

「ー猫を助けて、犬を助けて、できるなら人を助けて。

 

 そんなことをしていきましょう、これからは」

 

「リセット」たった一言。それだけで、世界は、三日分死ぬ──。能力者が集う街、咲良田。見聞きしたことを絶対に忘れない能力を持つ高校生・浅井ケイ。世界を三日巻き戻す能力・リセットを持つ少女・春埼美空。ふたりが力を合わせれば、過去をやり直し、現在を変えることができる。しかし二年前にリセットが原因で、ひとりの少女が命を落としていた。

時間を巻き戻し、人々の悲しみを取り除くふたりの奉仕活動は、少女への贖罪なのか?不可思議が日常となった能力者の街・咲良田に生きる少年と少女の優しい物語。

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★ 10/10

感想

『すかすか』に続くアニメ放映記念第2弾ということで『サクラダリセット』の感想です

それにしてもこのシリーズ、最終巻が出たのが2012年。まさか完結から5年たったこのタイミングでアニメ化されるとは思ってもみませんでした。当時の僕のサクラダリセットに対する感想としては、"すごく高い評価を受けるだろうけども、メジャーになるのは難しいだろうな"というものでした。

ちょっと古い例えですが、SAOとかのライトノベルの王道人気作がとサクラダリセットの立ち位置って映画の『タイタニック』と『グッド・ウィル・ハンティング』みたいなんですよね。

『タイタニック』は1998年に公開されるや、世界中で社会現象を起こし、アカデミー賞では14部門でノミネート、うち11部門で受賞しており、この年のアカデミー賞の主要部門はほぼタイタニックの独壇場ともいえるほどの化け物的人気を博した作品なんですが、実はこの年のアカデミー賞で脚本賞を受賞したのが『グッド・ウィル・ハンティング』なんです。この作品は男の友情を描いた作品なんですが、大きな事件が起こるわけでも派手な映像で見せるわけでもなく、あんまり映画見ない人の中には知らない人も結構いるくらいなんですが、とにかくストーリーが素晴らしくて、映画好きの人たちの中でもかなり評価の作品なんです。

『サクラダリセット』も同じで、派手なバトルやスピーディな展開で魅せる作品ではない代わりに、綿密に織り込まれたストーリーの美しさと作品を包み込むやさしい雰囲気がこの作品の魅力となってるんですね。だから読んだ人には素晴らしいと思ってもらえるだろうけど、どうしてもバトルモノとかラブコメものとかと、比べるとエンターティメントとしては地味な印象になっちゃうので、その辺がラノベファンからしたらどうなのかなと。

だから当時のぼくの心情としては

「もったいないなサクラダリセット」「俺にとってはこんなにも面白いのに」

「おれだけは認めてやろう」「ちゃんと大事に保管しておくからな」

って感じだったんですね。

僕としては本当に良い作品なので、もっと人気出て多くの人に知ってもらいたいなと思っていたわけです。そういった意味では今回のアニメ化は本当に待望だったと言えますね

 

作品全体を取り巻く空気感と読後の余韻

綿密に計算された咲良田町と能力の設定だったり、美しいストーリー構成だったり、この作品の素晴らしい所はいっぱいありますが、この作品の一番の特徴は?と言われたら、僕は独特の"空気感"だと答えると思います。作品全体がライトノベル作品の中でも一種独特の、どこか叙情的な空気感をかもし出しているんですよね。その空気感こそが『サクラダリセット』を『サクラダリセット』たらしめている一番の特徴じゃないかなと。

その原因はどこか淡々としたケイと春埼の会話だったり、透明感を感じさせる文章にあると思います。

なんていうか会話も文章も不思議な言い回しがあるというか、ライトノベルより一般小説読んでるような文体なんですよね。ちょっと村上春樹の言い回しに似てるなとも思いました。

もちろん村上春樹ほど個性的な比喩表現をしたりするわけではないですけどね。

 

正式な依頼だし―とは続けない。もしかしたらこれは正式な依頼ではないのかもしれない。

 

っていう文章があるんですが、

この「もしかしたら~かもしれない」「あるいは~かもしれない」って表現は作中にけっこう登場するんですが、村上春樹も結構こういうどっちつかずの表現多いんですよね。しかもどっちでも物語には何ら影響しないという...

あとは、

 

猫は、室内にいるのなら、少なくともこの雨に濡れることはないだろう

 

っていうちょっと詩的な表現だったりが、なんとなく似てるなと。

ただ読後に幸せな気持ちになるとことか、ちゃんと伏線回収するとことかも考えると、むしろ伊坂幸太郎に近いのか?

ただ逆にこういうちょっと叙情的な文章ってラノベではほとんどみないですね。

だからこの作品の持つ空気感が独特に感じるのかもしれません。

あと村上春樹の雰囲気以外に、PCゲームの『AIR』とか『kanon』(どちらもkeyの作品)が持つ郷愁めいた雰囲気にも似てるなと感じました。

ただあちらは歌詞のような文章のリズムと音楽の相乗効果でそういう空気感を出してるのに対して、こちらは文章でそれを表現しているのは素直にすごいなと思います。とにかくこの空気感が読んでてすごく心地よく、また読後に何とも言えない余韻を残してくれています

 

美しい言葉で綴られる美しい文章、美しい物語

綺麗な言葉で会話をしよう

汚いものは、全部どこかに押し込んで。

 

これは1巻で非通知くんという情報屋(のような人)が主人公の浅井ケイと初めて会話したときに言うセリフです。

この非通知くんというのは超ド級の潔癖症で、このセリフはそんな彼のキャラクターをよく表しているのですが、

それ以上にこの美しいセリフは作品をよく表しているなと思います。

この作品自体が終始、すごく澄んだ美しい言葉で語られているように感じます。

汚いセリフが使われていた記憶が全くありません。あるいはどこかで使われていたりするかもしれないですが、印象に全く残らないなら、同じことだと思います。

物語は優しく、時間はゆっくりと流れていき、幸せな結末に向かって物語は収束していきます。

何とも言えない幸せな気持ちを感じることができるこの読後感は唯一無二であると言いたいですね。

 

サブタイトルのセンス

えっ?そこっ!?と思うことなかれ。なにしろ僕が初めてこの作品を読んだのは1巻の

『CAT,GHOST and RECORUTION SUNDAY』というサブタイトルに魅かれたからなのです。

ちなみ各巻のサブタイトルは

 

1巻『CAT,GHOST and RECORUTION SUNDAY』(猫と幽霊と日曜日の革命)

2巻『WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL』(魔女と思い出と赤い目をした女の子)

3巻『MEMORY in CHILDREN』(機械仕掛けの選択)

4巻『GOODBYE is not EASY WORD to SAY』(さよならがまだ喉につかえていた)

5巻『ONE HAND EDEN』(片手の楽園)

6巻『BOY, GIRL and --』(少年と少女と)

7巻『BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA』(少年と少女と正しさを巡る物語 )

 

となってます。( )内は角川文庫版のサブタイトルとなっています。

まずどちらも、読んだ際の響きがとにかくかっこいいということ(えー

いや、これは単なる好みなんですが、最近のラノベは直接的なタイトルが多いですがこういう意味深めいたサブタイトルの方がかっこいいと思うんですよね。若干の厨二心をくすぶられる感じです。

ふたつめに、これってサブタイトル単体だと意味不明なんですが、その巻を読んでみると、めちゃくちゃ端的に内容を表してるんですよね。意味深めいてるけど意味不明で、ちゃんと意味のある、そんなサブタイトルの意味について考えながら読んでみても面白いと思いますよ。

あと単純にこのサブタイトルがかっこいいと思った僕と同志の方は中身のセリフや言葉選びのセンスについても太鼓判を押しておきます。

 

小説としての圧倒的完成度

1巻発売から完結までの約3年間で全7巻。一切の無駄が無く、一切の不足も無い。綿密に練りこまれたストーリー展開と伏線。ほんとプロットとか見てみたいくらい完璧な構成だと思います。

特に圧巻なのは1巻の構成ですね。ストーリー全体の導入部分という役割も担い、今後の伏線を含みつつ、それ単巻としても物語が完成してるんですよね。極論、たとえ1巻でサクラダリセットが終わっていたとしても僕は手放しですばらしい作品だったと褒め称えていたと思います。

それくらいこの小説のストーリーは、全てが考え込まれていて美しいと感じるものでした。

今から7冊も読むのはなぁと思ってる方は、まず1巻だけでも読んでみてください。それ単巻でも一つの映画にできるくらい、物語が完成されています。

 

あと、上でもちらっと触れてますが、このサクラダリセットは元々角川スニーカー文庫から出版されているんですが、2016年に角川文庫からも一般小説として発売されいます。

正直カバーイラストはスニーカー文庫版よりこっちの方が好みですね!(えー

じゃあ角川文庫版をお勧めするかといわれると、角川文庫版には口絵や挿絵がないので、難しいところですね。

サクラダリセットって挿絵の使い方も独特で好きなんで、それを見てほしい思いもあります。

 

こんな感じで、文章と同じページの端に挿入される挿絵がたまにあるんですが、これが文章と一体となった感じで心に響いてくるんですよね。

(もちろん普通に1ページまるまる使った挿絵もありますよ)

挿絵が演出としてすごく機能していると思います。

ぶっちゃけ迷ったら両方買えといいたい!(えー

実際私はスニーカー文庫版も角川文庫版も両方買ってます。。。

 

 

角川スニーカー文庫
角川文庫

 





 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

ライトノベルにおける流行ジャンルの変遷について思う

 

最近、特に小説家になろうの書籍化が極端に増え始めてからですかね、けっこうラノベのトレンドというか、流行ジャンルが変わってきたなと思うようになりました。

そうなってくると、昔はああだったとか考え出して、考え出すといろいろと思うことが出てきたので、ちょっと自分の中で整理する意味もかねて、ジャンルの変遷と個人的な意見についてまとめてみました。

 

<80年代後半~90年代前半>

王道の異世界ファンタジー

今回はライトノベルの中のジャンルという以前に、「ライトノベル」という立場が確立されたのをこの年代としております。

これには諸説あると思いますが、ここでは管理人の一存で、角川スニーカー文庫(87年10月創刊)と富士見ファンタジア文庫(88年創刊)

が創設された80年代後半から、『スレイヤーズ』『魔術師オーフェン』などの大ヒットで、ライトノベルというジャンルが認知されるようになったであろうこの時代を最初期としたいと思います。

正直、この年代は僕自身まだラノベを読み始める前、というか超ガキんちょの頃なので、作品も全然詳しくないんですけど、(えー

知ってる作品を見てみると、正統な剣と魔法の世界を舞台とした王道の異世界ファンタジーがメインジャンルだったのかなと思います。

 

 

 

 

<90年代後半~00年代前半>

舞台は現代~近未来の地球へ

90年台の後半からこれまでの異世界ファンタジーに代わり、現代の日本、もしくはそれに限りなく近い架空の日本を舞台にした作品が台頭してきます。

おそらくその先駆けとなったのは『ブギーポップは笑わない』『フルメタルパニック』の大ヒットだと思います。

この2作品のヒットによって、ラノベの主流は完全に異世界から地球を舞台にした作品へと移ったと言えるのかと思います。

 

 

 

現代異能バトルものの隆盛

いわゆるゼロ年代以降、ラノベのメインストリームだったのは間違いなくこの現代異能バトルものだと言えると思います。

このジャンルの特徴は、私たちが暮らす日常と非常に近い世界観の中に、魔法や特殊能力・暗躍する組織とのバトルといった非日常が組み込まれていることです。

また、戦闘と共に主人公をはじめとする主要キャラの、己の内面に大きく踏み込んだストーリー、いわゆるセカイ系の要素を含んだ作品が多かった点も、この時代のバトルものの大きな特徴ではないでしょうか。舞台は異世界から日常へと変わり、悩むべきは世界の行く末からセカイの中の自己の在り方に変わっていったのだと言えるのかなと。

そして魔法は異能力へ変わり、その能力はキャラクターの内面を映す鏡のような存在として描写されるようになりました。

 

 

 

 

ゼロ年台前半を象徴するボーイミーツガールもの、感動系のライトノベル

現代異能バトルと並んでもう一つ、ゼロ年台の人気作には、シリアスというか、ストーリー性を重視した作品も多かったというのも言えるかと思います。『イリヤの空、UFOの夏』に代表されるボーイミーツガールもの、『LAST KISS』なんかに見られる難病ものといったジャンルの作品が高い人気を博しました。

あと、主観ですがこのジャンルの作品には文章や作品全体の雰囲気に透明感のようなものがあったように感じています。総じて物語の美しさが評価された時代だったのかもしれません。

 

 

 

 

ライトノベルにおけるラブコメジャンルの確立

また、この頃からラノベでもラブコメ作品が登場し始めます。

魔法というファンタジー要素を含んだ人気ラブコメ作品『まぶらほ』もこの時代の作品です。

その後、セカイ系の要素も含んだ『涼宮ハルヒの憂鬱』の大ヒットをきっかけとして、ラブコメ作品が注目を浴びていく中で、時代はゼロ年代半ば~後半へと移っていきます。

 

 

 

<00年代半ば~後半>

ラブコメ黄金期 読者のニーズは感動から萌えへ

ゼロ年代前半に恋愛物の主流だったボーイミーツガールものが徐々に影を潜めていくのと反比例するように、

人気のラブコメ作品が次々と登場してくるようになります。

ゼロ年代前半で述べたラブコメ確立期の作品はSFなどの不思議要素を盛り込んだ作品が主でしたが、ラブコメ黄金期とも言えるこの時代はむしろ、そうした不思議要素を排除した、いわゆる普通の日本を舞台とした男女の関係を描いた作品が人気を博しました。

 

 

 

 

シリアス→ラブコメ・萌え要素を含んだ明るい異能バトルもが主流に

ラブコメが黄金期を迎えるのと時を同じくして、異能バトルものについてもゼロ年代前半と比べて、内容に少なからず変化がありました。

それまではセカイ系の作品に代表されるシリアスな作品が多かったのに対し、この時代の現代異能バトルものはヒロインとのラブコメ要素を盛り込んだ、明るいストーリーの作品が数多く見られるようになりました。

また、主人公をメインヒロインと複数のサブヒロインが主人公を取り合う、準ハーレム的な展開が王道となっていったのもこの時代からじゃないかなと思います。

かわいいイラストにツンデレや幼女、幼馴染にクールキャラといった個性的なヒロイン、ストーリーよりキャラクター重視の、いわゆる「萌え」要素というものを盛り込んだ作品が主流になっていきました。

ファンタジー要素を排した王道ラブコメラブコメ要素を盛り込んだ異能バトルものが2大ジャンルとして君臨したゼロ年台半ば~後半は、「萌え」という要素が非常に重要視されるようになった時代と感じられます。

 

 

 

 

<2010年頃~2015年頃>

円熟・安定期に入ったラブコメと異能バトルもの

この時代のライトノベル市場は、ゼロ年代後半からの流れをそのまま踏襲するように、現代を舞台としたラブコメと異能バトルものが安定的な人気を得ていました。キャラクター重視の傾向も同じで、表向きは大きな流行の変化も少ない、全体的に安定した時代だったのではないでしょうか。

しかし、この2つのジャンルに関しては、安定的であるがゆえに『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『とある魔術の禁書目録』を筆頭とした、2005年頃~2010年頃から続いている超人気長編シリーズの新刊が市場の話題を独占し続ける状況が続いた時代でもありました。

 

 

ソードアートオンラインがもたらした衝撃

ラブコメと異能バトルの2大ジャンルが安定期に入った一方で、2009年、後のライトノベル市場全体に大きな影響をもたらす一石が投じられることとなりました。

ちょうど先日映画化され、圧倒的な人気を誇っている『ソードアートオンライン』の発刊です。

元々は作者の個人サイトに掲載されていた人気のWEB小説だったのですが、作者が『アクセル・ワールド』で電撃文庫からデビューする際、担当編集の英断で、ソードアートオンラインも書籍化されることとなったのです。

VRMMOという新たなジャンル(過去にも扱った作品はありましたが、定着するには至っていないため、新ジャンルとしています)、命の重みを感じさせる高いストーリー性、ラブコメというよりは純愛ものといった雰囲気の恋愛描写。ゼロ年代半ばから続いていたライトノベルの主流とは明らかに異なるジャンルの作品が、たった1作でそれらと同等、あるいはそれ以上の地位を得るに至ったのです。

白状すると、僕はWEB版を読んでこの小説の実力を知っていたので、ソードアートオンラインの1巻が発売された際に、人気作になるかもしれないとは予想していました。しかし予想を上回る盛り上がりに、いずれVRMMOというジャンルが現代異能バトルに代わって、バトルもののメインジャンルになるだろうと確信しました。......残念ながら思いっきり確信ははずれたわけですけど(えー

SAOみたいに純粋なMMORPGを題材としたジャンルは、予想に反して定着しませんでした。ただそれとは別に、後にライトノベル市場に変革をもたらす楔を打ち込んだことは間違いありません

 

 

WEB小説発作品という新たな兆し

ラブコメと異能バトルの項目で述べたように、この時代はメガヒットシリーズの新刊が市場を席巻し続け、よく言えば安定、悪く言えば停滞していた時期だったと言えます。それはライトノベル評論誌の「このライトノベルがすごい」で、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『とある魔術の禁書目録』『ソードアートオンライン』の3作品が2011年以降、常に上位にランクインし、トップを独占し続けていたことからも伺い知ることができます。

 

「このライトノベルがすごい」歴代上位作品

年度 1位 2位 3位 4位 5位 6位
2011年 とある魔術の禁書目録 僕は友達が少ない バカとテストと召喚獣 ソードアート・オンライン ベン・トー “文学少女”シリーズ
2012年 ソードアート・オンライン とある魔術の禁書目録 ベン・トー 円環少女 バカとテストと召喚獣 僕は友達が少ない
2013年 ソードアート・オンライン とある魔術の禁書目録 六花の勇者 バカとテストと召喚獣 俺の妹がこんなに可愛いわけがない やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
2014年 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン とある魔術の禁書目録 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソードアート・オンライン はたらく魔王さま!
2015年 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ソードアート・オンライン ノーゲーム・ノーライフ とある魔術の禁書目録 後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール 絶深海のソラリス

 

しかし、表面的には非常に安定していた一方で、今思うと、ゆるやかに、しかし確実に変革の兆しはあったように思います。

それが、『ソードアートオンライン』に端を発した、WEB小説発作品の台頭です。

『ソードアートオンライン』に続いてWEB小説で話題となった作品が次々と書籍化されるようになっていきました。

ただSAO同様電撃文庫から書籍からされた『魔法科高校の劣等生』はジャンルとしては現代異能バトルものですし、SAOもMMORPGという新ジャンルでありながら舞台としては現代(近未来)の日本でした。逆に『まおゆう魔王勇者』はライトノベル最初期を彷彿とさせる異世界ファンタジーものと言えます。

この時代はWEB小説というものが徐々に読者の間に浸透しつつ、その作品の傾向としては試行錯誤されていた過渡期であったように思われます。

 

 

 

<2015年頃~2017年>

小説家になろうから書籍化された「異世界転生」「異世界召喚」ものが爆発的に増加

この時代になると小説投稿サイトの「小説家になろう」から作品が次々と書籍化されるようになります。ちなみに2017年3月20日時点で、小説家になろうの累計ランキング上位100作品のうち、実に94作品が書籍化されており、なろう全体では数百作品に及ぶと思われます。

そしてこの頃になると、2010年頃はあいまいだったWEB小説作品の傾向もはっきりとしてきます。

小説家になろう作品の多くは、ライトノベル最初期を彷彿とさせる中世ヨーロッパをモデルとしたような異世界を舞台としているのですが、小説家になろうの作品では、『Re:ゼロから始める異世界生活』等に代表される、主人公が現代の日本に生活している一般人で、何らかの事情によって異世界に召喚される「異世界召喚」、もしくは『無職転生~異世界いったら本気出す~』等に代表される、死後に前世の記憶を持ったまま異世界の人間として生まれ変わる「異世界転生」という要素を含んだ作品が大多数を占めているのが特徴化と思います。

ちょうど今の作家の方々が、子供の頃にライトノベル最初期の異世界ファンタジーを読んでいた読者の年齢くらいということを考えると、当時抱いていた異世界ファンタジーの世界に行ってみたいという願望を、異世界召喚・異世界転生という形で描いているのかなとも思います。

そして小説家になろう発作品の台頭・隆盛に伴い、ライトノベルの主流が「現代異能バトルもの」から「異世界召喚・異世界転生」へと切り替わっていったのだと感じています。

 

 

 

無双・ハーレム・我が道を行く主人公。小説家になろうに求められるストレスフリー・爽快感

実は上で小説家になろうの代表作として挙げた無職転生とリゼロは、主人公が事故と葛藤しながら成長していく様を描いている、大なり小なり悲劇的な要素を含んでいる等、内容としては小説家になろうの中でも異色の部類に入るのではないかと思います。

小説家になろうの多くの作品は、読者に不満を与えないこと、読んでいて爽快感を与えるような内容になっている傾向が見られます。

ここでいう読者の不満の代表的な点をあげるとすると、

 

・主人公がウジウジ悩む

・ヒロインが他の男性キャラと恋仲、もしくはそれに近い関係になる、いわゆる寝取られ要素

・複数のヒロインがいる場合、贔屓のヒロインが主人公と結ばれない

・主人公が目上のキャラに言い負かされる

 

といった感じではないでしょうか。

そのため、

 

・主人公が初期から限りなく最強に近い状態で、ほとんどの戦闘で相手を圧倒する無双描写が多い

・複数のヒロインがいる場合、比較的早い段階ですべてのヒロインと結ばれるハーレム展開

・他人の意見に左右されず、あまり思い悩まず、我が道を行く主人公

 

といった要素を含む作品が小説家になろうでは多く見られる気がします。

それに伴い、ライトノベルのあらすじや帯でも「チート」「最強」「英雄」といったあおり文が多く見られるようになりました。

こうした「異世界召喚・異世界転生」ものであると同時に「主人公最強」ものであるというのが、近年のライトノベルで多く見られた特徴ではないかと思います。

 

 

 

多様化する異世界召喚・異世界転生もの

異世界召喚・異世界転生の王道といえば、魔法学園、冒険者ギルド、迷宮、闘技大会といった冒険者・バトルものですが、多くの作品が小説家になろうに投稿され、飽和していく中で異世界を舞台としながら様々なジャンルを取り扱った作品が見られるようになりました。

異世界で地球の料理を提供する「料理もの」、現代知識を元に国を運営していく「内政もの」、迷宮を攻略する側ではなく運営する側に回る「ダンジョン運営もの」などが、新たに定着した代表的なジャンルと言えるかと思います。

この他にも様々な題材・設定を扱いながら「異世界召喚・異世界転生」ものは規模を拡大し、近年のラノベ市場に浸透していったと言えるのではないでしょうか。

 

<2017年~>

新たな変革の兆し

2017年、正確には2016年の後半からですがライトノベル市場に新たな兆しが見えてきたように思います。

まずライトノベル評論誌である「このライトノベルがすごい」において、実に7年ぶりに『SAO』『とある魔術~』『俺ガイル』以外の作品が1位に輝きました。今回1位になった『りゅうおうのおしごと』という作品は一見ラブコメっぽい雰囲気で、確かにラブコメでもあるんですが、それ以上師匠と弟子の交流を通して人が成長していく様を描いた感動的な物語でもあると自分は思っています。

 

 

新人賞受賞作に感じるストーリー性・物語性重視への回顧の予感

第21回スニーカー大賞では人間を構成する内面的要素をテーマに扱っており、ゼロ年代前半を彷彿とさせる『まるで人だな、ルーシー 』という作品が優秀賞を受賞しました。

第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した『86-エイティシックス-』『君は月夜に光り輝く』は、人種差別と難病という重いテーマを見事に扱い、感動的な物語とエンディングが魅力となっています。

また、その高いストーリー性が読者の間で非常に高評価を得ていた『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』『サクラダリセット』といった作品がアニメ化されるなど、ここにきてストーリー性がこれまで以上に重視される風潮が高まってきているように思われます。

もちろんまだまだラブコメやなろう系の作品も多く出版されており、今後メインジャンルが切り替わっていくという断定はできません。なにしろSAO登場時に今後VRMMOジャンルが主流になるという思いっきり外れた予想をした人間ですから。ただ少なくとも、キャラクター重視の風潮から、ストーリー性も同様に求められる兆候が起きているのは感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じでこれまでのライトノベルの主要ジャンルの変遷を振り返ってみましたけど、これ数年後とかに思いっきりキャラクター重視の流れが続いてたら、めちゃくちゃ恥ずかしい〆方してしまいました。その時は外聞を気にせず思いっきり修正する予定なんでご了承ください(えー

あと、今回あくまで自分の主観的な解釈に基づいて考察してますんで、そうじゃないだろって思った方も、このサイトの管理人はこういう考えなのかって思う程度でお願いします。登場する作品についても、自分が思いついた作品を挙げてるだけなんで、決してそのジャンルの一番人気の作品とかって意図があるわけではないです。あの作品挙げてほしかったのにって方がいたらすいません。

作品についてでもう一つ、当然これらののジャンルにあてはまらない作品や、当時の主要ジャンルではなかったけども、高い人気を誇った作品もあるかとは思いますが、その辺までは考えるとパンクするんで、今回は僕が思うジャンルにあてはまってるかなって作品で思いついたのを挙げてます。

最期に、今回は敢えてライトノベルに影響を与えたアニメやゲーム等との相関には触れずに、ライトノベルのジャンルの変遷のみ絞って書きました。いや、何か意図があるわけではなく、その辺書こうと思ったら収集つかなくなったんで、今回は頑なに触れずにいこうということしただけなんですけど。すいません、僕の文章力&構成力ではこの辺が限界だっただけです(えー

次にこういう理と述べる全体についての感想というか、昔語りみたいなの書くとしたら、逆に過去のそのあたりがライトノベルへ与えた影響についてとか書いてみたいなとも思います。

......需要あるのかな?これ??

 

考察    コメント:2

<電撃大賞受賞作>君は月夜に光り輝く 感想

 

 

私の、渡良瀬まみずの、本当の、最後のお願いを、岡田卓也君に言います。

聞いてください

 

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた。今を生きるすべての人に届けたい最高のラブストーリー。

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★★ 9/10

感想

物語を読んだり、見たりするのが好きな人は少なからず心を揺さぶられた作品というものがあると思います。

これは単純に面白いとか好きといった感情とはまったく別次元というか、種類が違う感情なんですよね。

心を締め付けられるというか、抉られる感覚が近いかなと。

で、まちがいなくこの作品は心を揺さぶられる作品であると思います。

僕は個人的に「泣ける」っていう表現は簡単に使うべき言葉じゃないので、あまり好きじゃないんですが、あえて「泣ける」作品であると言いたいですね。

 

00年代を彷彿とさせるボーイ・ミーツ・ガールもの

物語は主人公の岡田卓也がヒロインの渡良瀬まみずが入院している病院へ見舞いに行き、二人が出会うところから始まります。

その後主人公が入院中のまみずの代わりに「死ぬまでにしたいこと」を実行して、それをまみずに伝えるという行為を繰り返しながら二人の心は次第に縮まっていき・・・という感じで物語は進んでいきます。

この作品を読んで(冷静になってから)思ったのは、ラノベっぽくないなと。正確にいうと今のラノベっぽくない

男女の恋愛の話というと、今主流なのはラブコメ要素が強い作品かなと思うんです。

人気作でいうと、俺ガイルや冴えカノ、俺妹とかがそうですね。

それに対してこの作品は決してラブコメではない。あえてジャンルをつけるならボーイミーツガールものって感じですね。

それはどちらかというと00年代の恋愛ものやストーリー性の高い作品を思い出させるジャンルかなと思います。

『イリヤの空、UFOの夏』『半分の月がのぼる空』なんかがまさにそれですね。

そしてそれは冒頭で述べた「心揺さぶられる」っていうフレーズとも深く繋がっていくんですよね。

 

(C)秋山瑞人/ メディアワークス

<イリヤの空、UFOの夏>4冊完結という決して長くない作品ながら、読者に強烈な印象を残した

これまた00年代を彷彿とさせる泣きゲーとの相似点

泣ける物語・ラノベというとどんな作品を想像しますか?

最近だと『終末なにしてますか?シリーズ』、少し前だと『とある飛行士の追憶』なんかがあると思います。

ただ現代の日本を舞台にした作品で感動的な物語として圧倒的に多いのはボーイミーツガールものが多かったのと同じ00年代だと思うんですよね。

上でもあげた『イリヤの空、UFOの夏』『半分の月がのぼる空』。あと個人的にラノベの中で最も切ない物語だと思っている『LAST KISS』なんかが代表作じゃないかなと思います。

ここからは個人的な意見なんですが、この00年代に感動系のラノベが多かったのはPCゲームからの影響が強くあるんじゃないかなと思います。

この頃って98年発売の『ONE 〜輝く季節へ〜』(Tactics)から始まり、『kanon』『AIR』『CLANNAD』(共にkey)等へと続く、いわゆる「泣きゲー」の黄金期だったんですよね。何しろ『AIR』のマスターアップ時には号外が配られ、初回版発売日には行列ができるほどの人気だったのですから。

key作品以外にも『家族計画』『CROSS†CHANNEL』『銀色』『水夏』などあげだしたらキリがないほど、感動的な物語を主としたPCゲームがあふれていたのが00年代の特に前半だったわけです。

正直言って、僕が「泣ける」というフレーズを軽々しく使いたくないのも、これらの作品への思い入れが強すぎて、簡単に同列の作品みたいな表現をしたくないという感傷的な理由なんですよね。

なぜここで過去のラノベやゲームの話をするかというと、これらの作品と『君は月夜に光り輝く』がとても似ていると感じたからです。

それは物語の内容もこの頃に近いというのもあるんですが、それ以上に作品全体の結末を予感させる雰囲気とか、読後の喪失感とかいったものに、

上にあげた作品と同じような印象を感じたわけです。

楽しいやり取りの中にもどこかつきまとう不安だったり、終盤での圧倒的に魂を揺さぶられるようなセリフ回しだったりがこちらの琴線にモロに触れてくんですよね。

だからこそ、冒頭で僕はあえて「泣ける」作品であると言ったわけです。

まあ、実際泣いたからってのが一番の理由ですが(えー

 

(C)key/ VisualArt's

<kanon/AIR>当時を知る人はこのシーンだけで泣けてくる人も多いのでは。

高い文章力、丁寧に描かれた卓也とまみずの関係

この作品、物語の進行は非常にゆったりと進んでいくんですが、その分卓也のまみずの距離感というか、やり取りが非常に丁寧に、考えて描かれているなという印象でした。

例えばまみずに靴をプレゼントするシーン、この前のシーンでまみずに靴のサイズを聞く描写があるんですが、まず最初に胸のサイズを聞くやりとりがあるわけです。実はこのさらに前に友人の香山から冗談でまみずの3サイズを聞いてくれよと言われるやりとりがあって、最初このシーン読んだ時はその伏線の回収だと思っていたんですが、靴をプレゼントするシーンの伏線にもなっていたんですね。こんな感じでいろんな伏線が絡み合ってどんどん読者を卓也とまみずのやり取りに没入させていく、その描き方が非常にきれいで上手だなと感じました。

あと、文章力自体も新人の方とは思えないくらい高いと思います。

なんていうかラノベと一般小説の中間のような文章ですね。

多分普段ラノベ中心に読んでる人には一般小説っぽい、逆に一般小説読んでる人にはラノベっぽいと感じるかもしれません。

クセは少ないですし、きれいな文章で一文もそんな長くなく、分かりやすい表現なので、普段ラノベを読まないような人、というか普段あまり本を読まない人にも、ぜひ読んでもらいたい作品だなと思いました。

 

結末について

結末については何を話しても圧倒的なネタバレになるので一言だけ。

渡良瀬まみずは間違いなく幸せだった。ならこれは疑いようもなく、幸せな物語である。

もちろんどう感じるかは読者の自由だと思います。これはあくまで僕の意見ということで。

 

<個人的名言・名シーン>

カッコつけてんじゃねぇよ。

でもカッコいいと素直に思った。

(岡田卓也)

 

私は、これから先、生きたらどうなるのか、知りたいです

(渡良瀬まみず)

 

私のかわりに生きて、教えてください。

(渡良瀬まみず)

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

<アニメ化記念>終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?EX 感想

 

 

聞きなれた言葉たち。

聞き飽きた言葉たち。

 

一度くらいはあいつの口から聞いてみたい......

けれど決して言ってはもらえない、そんな言葉たち。

 

春の陽だまりの中、幼い少女妖精・ラキシュは《聖剣》セニオリスを抱え夢想する――。
それは500年前の出来事。正規勇者(リーガル・ブレイブ)リーリァ14歳、準勇者(クァシ・ブレイブ)ヴィレム15歳。人類を星神(ヴィジトルス)の脅威から救う兄妹弟子の日常は、なかなかにデタラメで色鮮やかで……。
それは少しだけ前の出来事。死にゆく定めの成体妖精兵クトリと、第二位呪器技官ヴィレム。想い慕われる一分一秒は、忘れ得ぬ二人の夢となる。

「終末なにしてますか~?」第一部、外伝。

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★ 7/10

感想

アニメ放映記念と言いつつ・・・

シリーズ本編すっ飛ばして、番外編から感想書き始めるという無理・無茶・無軌道を通り越して無謀を実行している僕です!(えー

いやっ、ちゃんと本編の方の感想も書く気はありますよ!ただこっち読了したばかりだし、内容はっきり憶えている内に書いちゃおうと。

というわけで『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?EX』、通称『すかすかEX』の感想です。

まあ番外編なんですが、正しくは補完編といった内容ですね。当然大きな事件が起こるわけでも根幹に関わる重要な何かが語られるわけでもないです。ただ彼女たちは何を考え、ヴィレムのことがどのように見えていたか、それを補完するためのお話といったところですね。

あと一応今回の評価は外伝単体として評価してます。

 

リーリァ編

前半の主人公というかヒロインはのメインヒロインというべきリーリァです。

本編5巻を読んで、リーリァって実は『すかすか』の中で1番健気で一途な女の子なんじゃないかなって思ってたので、今回の話で彼女の心情が掘り下げられるのをすごく楽しみにしてたわけですよ。

とか思ってたわけですが、あとがきで枯野先生が作中トップクラスの健気な子とか語ってるじゃないか!!(えー

これは著者と一緒の考えだったことを喜ぶべきか、感想に書く前に言われたことを嘆くべきか。

そんな?リーリァのお話ですが、時間軸的には教会によって星神討伐が決定される少し前で内容としてはリーガルブレイブのお仕事と日常って感じです。リーリァ視点で語られるので、最終決戦時以外ではほとんど心情を語られることが無かった彼女が普段何を考えてリーガルブレイブとして生きていたのかを知ることができます。ということなんですが......

......何この乙女?

いや、想像以上に頭の中ヴィレムっていうか......もうベタ惚れじゃねーか!

まさかあんな世俗的な願望持ってるとは思わなかったよ(えー

多分著者はリーリァも一人の女の子なんだよって部分を意図的に書こうとしたんじゃないでしょうか。

リーガルブレイブも泣いたり怒ったり笑ったり、そして何よりヴィレムのことが好きなただの女の子でもあったんだよと。

(C)大島司/ 講談社

 

これはそんな女の子運命に翻弄され、それを受け入れて戦ってたんだよというのを読者に伝えるためのお話だったのかなと思います。

そしてもう一つ、ヴィレムに家族として扱われることの特別さを伝えるためのお話でもあったのかなと。

レプラコーンの子たちはそれほどの特別をヴィレムにもらってたんだよと。

 

クトリ編

後半は500年後の世界、時間軸的には本編1巻のクライマックスあたりのお話です。

あの出撃前の数日間、彼女たちは何を思い、どのように過ごしていたのか

こちらは裏のメインヒロインリーリァに対して、おそらくのメインヒロイン、クトリの視点で語られてますね。

そしてこっちは隠しきれない乙女心が全開って感じです。

あれ?『すかすか』ってこんなにラブコメってたっけ?ってくらいラブがコメってるじゃないかーーっ!??

(C)島本和彦 / 小学館

 

・・・主にクトリが一人で(えー

でも本編のクトリに待ち受ける運命を考えるとこういうエピソードも必要だったのかなと思えますね。

 

あと余談としてネフレンについても少し触れられているんですが、個人的にこの部分を書いてくれたのはすごく良かったです。これを読むと『すかすか』で最後までヴィレムのそばにいる役がなぜネフレンだったのかというのが、スッと腑に落ちてきた感じがしました。

 

<個人的名言・名シーン>

聞きなれた言葉たち。

聞き飽きた言葉たち。

一度くらいはあいつの口から聞いてみたい......

けれど決して言ってはもらえない、そんな言葉たち。

(リーリァ)

 

なんというか、非常識というか、バカげた話だ。というかバカそのものだ。

無理をしたんだろうと思う。

無茶をしたんだろうと思う

いつものように。当たり前の顏をして。

(リーリァ)

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

<最高の群像劇>ログ・ホライズン 感想

 

 

「私、夢見る人。シロ君、叶える人 ―――でしょ?」

 

廃墟アキバから世界を変える!
老舗オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に 日本人ゲーマー3万人が閉じ込められた!

モンスターとの戦闘、味を失った食料、死ぬことのない境遇。
昨日までプレイしていた「剣と魔法の世界」が今日からの「現実」。
未だ、混乱続くエルダーテイルで、
<腹ぐろ眼鏡>で<引きこもり体質>の主人公・シロエが、
旧友直継、美少女暗殺者アカツキらと、世界を変える冒険を開始!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★ 9/10

 

データベース

感想

この作品は小説家になろうではめずらしい、群像劇を中心とした小説になるんですが、
主人公無双の俺tueee作品が多いなろう小説の中では、異彩をはなっているんじゃないかと思います。

個人的にこういう群像劇は大好きなので、なろうでももっと増えてくれたらうれしんですけど、現状ではこういう作品は非常に少ないですね。
理由は色々あると思いますが、おそらく群像劇を上手く書くには俺tueee作品を書くより圧倒的にに高い文章力がいるからっていうのも大きいと思いますね。

群像劇を書くとなると、それぞれのキャラにしっかりと役割を振って、文章表現のみで複数の人物を書き分け、読者に分かるように描写しなければいけないですからね。さらにいうと多くの人物に物語を与え、それを並列的に進行させていかなければいけないと考えると、少なくともプロレベルの綿密なプロット作成と文章力が必要になってくるかと。そう考えると、素人の作家さんにはちょっと敷居が高いのかなと思ってしまいますね。
そういう点で見ると、この小説の文章力はめちゃくちゃ高いなと。プロの有名ラノベ作家の方と比較しても全然見劣りしないですね。

正直WEB小説のレベルを超えているんじゃないかと思います。

(C)附田祐斗・佐伯俊/集英社
まあ、書籍化してるので橙乃先生もプロですから、その表現もどうかと思うけど・・・(えー

ストーリー・・・A

主人公であるシロエを含むエルダー・テイルのプレイヤーが、現実となったゲームの世界に取り込まれたところから、物語は始まります。

一応ゲーム世界への転移っていうジャンル扱いでいいのでしょうか?そこからゲーム時代とのギャップに悩みつつ、プレイヤーは現実世界となったエルダー・テイルで生き抜いていくことになります。

この小説は先に触れたように、まず群像劇の描写が素晴らしいですね。

元々はMMOゲームのプレイヤーなので、当然初心者からベテランプレイヤーまで様々な人がいるんですが、それぞれのプレイヤーの心理描写を非常に上手く描いているなと言う印象を受けました。

あとは、それぞれのプレイヤーの内面の成長にも注目してほしいですね。各キャラが等身大に描かれていて、それぞれが悩みを抱えて、それを乗り越えていく様子は感動モノですね。

ちなみに今のところ僕が好きな話は『夜明けの迷子』と『カナミ・ゴー・イースト』の2つです。

どっちもほぼ主人公が出てこないですが。(えー

『夜明けの迷子』は無愛想なアカツキのために、皆が手助けするシーン

『カナミ・ゴー・イースト』は終盤のレオナルドとKRのやりとりが"お約束”とも言える展開がマジで燃えるっすよ

(C)木多康昭/講談社

キャラ・・・A

【主人公】シロエ

伝説的パーティだった《放蕩者の茶会》の参謀で、通称『腹ぐろ眼鏡』

覚悟を決めたら容赦のないお人よし(えー

この小説は群像劇という形式をとっていますが、それでも主人公は間違いなくこのシロエというプレイヤーです。ログ・ホライズンという小説はこのシロエと、彼に関わった人たちの物語とも言えますね。

ちなみに上にあげた好きな話にシロエはほぼ出てこないですが、キャラとしてはログ・ホライズンの中でも一番好きなキャラの一人です。

とにかくレイド戦闘時の『全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)』がかっこいい

あと主人公でありながら支援職や後衛っていう地味なポジションなのも僕的には高ポイントです。

それでもしっかり主役として目立っているのは、それだけこの全力管制戦闘がすごいからでしょうね。

正直チートでゴリ押し俺tueeeなキャラより、こういう戦術で他を圧倒するキャラの方が好きなんですよね。

ノウアスフィアの開墾編でリーゼが全力管制戦闘を目の当たりにするシーンとかほんと激熱ですよ!!

(C)木多康昭/講談社

 

【ヒロイン】アカツキ

無口で不愛想で生真面目な合法ろり(えー

誰が何と言おうとログホラのヒロインはアカツキです(えー

小説だと最初のころは、無口なせいで、常にシロエの傍いるのに出番が少ないという謎の不遇状態に。

あとは我がないというか、イマイチ何考えてるか分からないキャラだと思ってました。

ただ僕の中ではアキバの日曜日~夜明けの迷子で完全に化けました

あの話からアカツキの心情描写も増えて、この無口で不愛想なヒロインにグッと好感が持てるようになりました。

何より、夜明けの迷子での内面の成長がホント上手く描かれてるなと感じました。

ちなみにアニメだと初登場時から動きやしぐさや表情がずっとかわいいです。

まさに映像の力(えー

 

【その他】

群像劇を描いてるだけあって、どのキャラも魅力的で、時に絶対モブだと思ってたキャラに意外なところでスポットが当たったりもします。

そんな中で、シロエと並んで1,2位を争うくらい好きなのがレオナルドとKRですね。

特にカナミ・ゴー・イースト終盤での二人のやりとりは最高でした。ログホラの中で一番好きなシーンかもしれないです。

というかレオナルドに関してはカナミ・ゴー・イーストとクラスティ・タイクーン・ロードでの主人公と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

実はこのレオナルドって当時はまんまタートルズのカッコをしてたので、結構著作権がどうとか叩かれてたんですよね。

んで、その後書籍とかアニメとかの関係もあって架空のカエルのヒーローをタートルズの代わりとすることで事なきを得たという事情があります。

ちなみに僕が初めてログホラ読んだ時には既にカエルで掲載されていましたが、一発でタートルズが元ネタだと分かりました。

そういう経緯があって今でも著作権がどうとか叩かれたりするらしいですが、個人的には問題なく書籍化もアニメ化もしてるんだから、叩く必要ないのにとは思います。

というかタートルズ知ってて『カ・ワ・バ・ン・ガーーッ!!』のシーンで熱くならずに批判するなんて漢心が足りてないと言いたい!

お前に足りないもの、それは――情熱、思想、理念、頭脳、気品、優雅さ、勤勉さ!そして何よりもぉぉぉぉぉっ、 漢心 が 足 り な い !!」

 

漢だったら悩みながらもヒーロー目指してるレオナルドに燃えないなんて嘘でしょう

Fateの衛宮士郎もそうですが、こういう手が届かないと分かって、それでも憧れに向かっていくキャラは応援したくなりますね。

あとちゃんと現実を分かっててそれでもヒーローを目指して進むってとこがポイントです。決して理想論だけの周りが見えてないKYではないと。

 

大規模(レイド)戦闘・・・A

ログホラの戦闘シーンにおける一番の特徴は24人以上の編成からなる大規模戦闘でしょう。

レベルカンストでゲーム内でもトップクラスのプレイヤーでも決して一人では無双できない

いかに自分の役割を全うしてパーティとして勝利するか。

このMMORPGにおける戦闘を最も上手く描いている小説がログ・ホライズンと言えるかと思います。

この対ボス戦における大人数入り乱れての戦闘描写がとにかく燃えるんですよね。

敵のヘイトを集めて攻撃を一身に受けるタンク、その合間から次々と攻撃を繰り出すアタッカー、後衛からの魔法による波状攻撃や支援魔法による戦況の変化。

よりそれらの膨大な情報を掴んでレイドを指揮するシロエの全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)がやばい!!

単体で強いプレイヤーは何人も出てくるんですが、大規模戦闘におけるシロエの全力管制戦闘は唯一無二という感じですね。

僕としては戦況をすべて手の上で操って見せる力に憧れるタイプなので、シロエの戦い方はほんとツボでした。

 

<個人的名言・名シーン>

――無口で無愛想な使い手のためだけに、アマノメが刀匠、多々良が鍛え直す。願わくばあの生真面目な娘が折れず歪まず進んでいけるように。邪悪な呪いも世の悲惨も跳ね返し、人が刀を、刀が人を支えられますように。

(〈喰鉄虫・多々良〉のフレーバー・テキスト)

 

「――勝ち目がないくらい当たり前だ。“腹黒眼鏡”が持ち込んできたんだから、全員ひどい目に見るのが当たり前なんだよ。あいつが面倒くさいクソドSなんて顔見りゃわかんだろ! でも……楽しいと思ったんだよ。勝てたらいいなってな。理由はな……俺らが、レイダー(クソゲーマー))だからだっ」

(ウィリアム)

 

「ニンジャで蛙というのが、世界で最も勇気あるヒーローのシンボルなんだよ」

(レオナルド)

 

「――俺だって・・・そのマスクには覚えがあるさ。好きだったからね。」

(KR)

 

「カ・ワ・バ・ン・ガーーッ!!」

「やった! やりやがった! あいつ最高だな! そうこなきゃ! なぁ、ガーたん? これ最前席はお買い得だぜ。そう思うだろ? カナミ様様だなっ!」

(レオナルド & KR)

 

 

 

感想 小説家になろう感想    コメント:0

<最弱の魔物から最強の魔王へ>転生したらスライムだった件 感想

 

 

そうか……。
それでは、語るとしよう。
――俺が『転生したらスライムだった件』について――

 

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。
ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。
そんな状況の中、自分があの“スライム”に転生してしまった事に気づく。
最弱と名高いモンスターである事に不満を感じつつも、お気楽スライムライフを満喫する三上悟だったが、
天災級のモンスター“暴風竜ヴェルドラ”と出会ったことで運命は大きく動き出す―。

ヴェルドラに“リムル”と名付けてもらい、スライムとして新たな異世界生活をスタートさせた矢先、
ゴブリンと牙狼族との争いに巻き込まれ、いつしかモンスターたちの主として君臨することに…。

相手の能力を奪う『捕食者』と世界の理を知る『大賢者』、
二つのユニークスキルを武器に最強のスライム伝説が今始まる!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★ 8/10

 

データベース

 

感想

転生ものとかで、モンスターとかに転生するのって結構ありますが、明らかに見た目人外の主人公ってあんま好きじゃないんですよね。

・・・そんなふうに思ってた時期が俺にもありました。(えー

(C)板垣恵介 / 秋田書店

 

脇役とかは骸骨とかでも全然OKなのに(えー

むしろそういうキワモノがやたらと渋いキャラだったりしたら最高とか思うのに・・・

やっぱ主人公はかっこよくヒロインはかわいくあってほしいと思ってしまうんですよね。

・・・そんなふうに思ってた時期が俺にもありました
いや、これに関しては今でもそう思っているんですが。

そんなわけでスライムが主人公と聞いてこの小説読むのを敬遠してたわけですが・・・

そんな理由で敬遠したまんまにしなくてよかったなと。

正直このサイトのデータベース作ったときに他のサイトの感想読んでなかったら、一生読まないままだった可能性もありましたからね。

いやぁ~、このサイトのおかげでギリギリ助かったわぁ~。(えー

 

いや、一応言い訳はあるのですよ。。。

この小説、主人公ががスライムといいいつつ、序盤以外ほとんど人型じゃねぇーか(えー

むしろ角がある分ベニマルの方が人外感が強いくらいだわ!

とにかく、そんな理由で今まで読まなかったのがもったいないくらい面白かったです

 

ストーリー・・・A-

一言でいうとスライム野郎(性別無いですが)の成り上がり物語です。

主人公は最弱モンスターであるスライムに転生しちゃうわけなんですが、

転生の際に『捕食者』と『大賢者』というユニークスキルを獲得したことで、大きく運命が変わっていきます。

この2つの能力を駆使して、スライムでありながら最強たる魔王の一角へと成り上がっていくことになるわけなんですね。

まず最初、洞窟を出た主人公が(スライムなのに)ゴブリン族の集落の長となり、

集落から町へ、国へと徐々に繁栄していくわけですが、集落だった頃は他部族、国に発展すると周辺国家といった具合に戦いの規模や相手も大きくなっていくわけですけど、徐々にスケールが大きくなっていくストーリー構成は、見事だなと感じました。

最弱のスライムに生まれた主人公の物語が、壮大なストーリーに発展していき、世界の英雄に上り詰めていく様子は最高に『燃える』展開だと思います。

 

キャラ・・・A-

【主人公】 リムル・テンペスト

おそらくは全作品通して、史上最強のスライム

というかこいつをスライムというべきかは疑問ですが。

なんせ人型になれるようになってからは剣と魔法メインでほぼスライムとしては戦ってないですから(えー

もう、ほとんどスライムをやめていると言ってもいいんじゃないか?

 

なによりスライムでありながら、作品屈指のカリスマ性を持つ主人公だと思ってます。

基本昼行灯なんですが、仲間思いでやるときゃやる男。

器のでかさはなろうの主人公でもトップクラスじゃないかなと。

正直、なんで前世で童貞だったのか謎でしょうがいない(えー

個人的にはチート主人公の性格ってオラオラ系より

こういうのんびり家のキャラの方が大物感があって好きですね。

リムル以外だとデスマのサトゥーくらいでしょうか。

 

あと、仲間が全員暴走ぎみなせいで作中のツッコミ役をほぼ一手に引き受ける貴重な人材でもあります(えー

ただ基本、心の声でツッコんでるんで、部下は一切反省してないですが(えー

 

【いろんな元凶】シエル(ラファエル、大賢者)

リムルのスキルの一つで、彼をチートたらしめている最大の要因でもあります。

先ほど仲間が全員暴走ぎみと書きましたが・・・

番暴走してるのは間違いなくこいつだ!!

(C)天樹征丸 / 講談社

 

いやもうこの作品の(ラスボスと違う意味で)全ての元凶はこいつといってもいいんじゃね?ってくらいですよ。

おそらくこいつがいなかったら?、リムルの物語は成り立たなかったでしょう。

そしてリムルが漢(男)になれないのもこいつのせいだ(えー

文字通りの意味です。意味が分からない方は小説を読みましょう(えー

 

【ヒロイン】ミリル、シュナ、シオン、クロエetc...

全員ヒロインでありながら、惜しくもメインヒロインになりきれなかった人たちですね(えー

というかシエルさんのせいで、この作品にはメインヒロインはおりません・・・

といっても皆キャラがたってて、しっかりと出番もあってちゃんとヒロインしてます。

ただ全部シエルさんのせいで・・・

意味が分からない方は小説を読みましょう。(えー

 

【その他】

要所要所の大きな戦いにおける幹部連中の熱い戦闘シーンは必見です。

やっぱり長編小説は主人公やヒロイン以外にもしっかりと見せ場があるのは重要ですね。

特にディアブロさんは一番最後に仲間になったくせに、おいしい所をもっていきすぎでしょう

あとはベルドラの行動原理がバカすぎでしょう

けっこう真面目なシーンですら、「えっ、おまえ何やってんの?」って感じで、

空気を読まないベルトラさんっぷりに"シリアスクラッシャー"の称号を授けたいくらいですよ(えー

 

無双っぷり・・・A-

敵が強大になっていくのに合わせるかのように、リムルと彼の部下たちもギリギリ無双できる絶妙なレベルで成長していきます。というかリムルが無双する前に、部下が暴走して無双しちゃうんで、俺tueeeって感じより俺の部下tueeeって感じで、それに呆れるリムルの心情描写がいい味だしてます。

また、部下が我先にとやっちゃうため、リムルが戦うシーンはそれほど多くないのですが、その分ここぞという場面では、これでもかとばかりに最強っぷりを見せ付けてくれてます。

この部下無双→部下の強さに引くリムル→部下のことを棚に上げ、圧倒的無双っぷりを見せ付けて読者に引かれるリムル。というギャップが面白かったですね。

 

<個人的名言・名シーン>

「いいか、大人とは汚い生き物なのだ。どんな手を使っても勝つ!
それが、大人ってものなのだよ」
(リムル)
「あ! そうそう、思い出した!
お前、魔王を名乗ったり、魔王になろうとしたりしないのか?」
「え? 何でそんな面倒な事しないといけないんです?」
「え、だって、魔王だぞ!? 格好いいだろ? 憧れたりとか、するだろ?」
「しませんけど?」
「……え?」
「え?」

(リムル&ミリム)

 

 

 

感想 小説家になろう感想    コメント:0

<主人公の知略が痛快>絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 感想

 

 

「働きたくない」
 異世界召喚。で、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、俺、増田桂馬はそう答えた。

 

働きたくない主人公が本気を出すとき、奇跡が起こる―――! !

「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ! 」「いやだ、働きたくない……」
日々をダラダラ過ごすのが趣味の増田桂馬は、異世界に召喚された先で出会った金髪美少女のロクコに「自分のダンジョンを救ってくれ」と頼まれる。
嫌々ながら引き受けてしまった桂馬だったが、実はこのダンジョン、部屋は1つしかなく、既に山賊に制圧されている、どうみても『詰み』の状態だった。
解決の糸口も見えない状況だが、まず山賊たちをなんとかするため、桂馬は普段発揮しない知恵を使ってロクコに指示を出していき――
はたして桂馬とロクコは無事に、惰眠をむさぼる生活を手に入れることができるのか! ?
ぐーたら主人公の放つ秘策によって、驚愕の逆転劇がいま始まる!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★ 8/10

 

データベース

 

感想

いわゆるダンジョン運営ものの小説なんですけど
正直ダンジョン運営の話をここまで面白おかしく書いてる小説は他にないんじゃないかと思います。
この小説の特徴としてははダンジョン運営ものでありながら、ダンジョン攻略ものでもあるっていうことですね。
というのも、ダンジョンバトルっていう設定を使ってバトルものの要素もとりいれてるんですね
ダンジョンバトルというのは、ダンジョン同士を異次元でつなげてお互いに攻略しあうっていうゲームのようなシステムです。
イメージとしては『バカとテストと召喚獣』の<試験召喚戦争>をダンジョン使ってやっちゃいましたって感じですね。
いや、今書いてて気づいたんですけど・・・そういえばこの小説の雰囲気自体もどことなく『バカとテストと召喚獣』に似てる感じがする・・・
つまりこの小説は『バカとテストと召喚獣』の異世界転生モノである!!(えー
まあ、あくまでなんとなく雰囲気が似ているだけですし、
何より決定的な違いとして、この小説の主人公のケーマはめちゃくちゃ頭がいいんですね。
「バカとは違うのだよ、バカとは!」(えー

(C)SUNRISE

 

とにかくケーマが繰り出す作戦は時に奇想天外で、時にバカバカしく、かつ効果は抜群で、
よく次から次へとこんなこと思いつくなって方法で相手を翻弄していく様子がめちゃくちゃ痛快です。

 

ストーリー・・・A

まず話の構成がすばらしいです。
最初に主人公のケーマが召還されるダンジョンですが、
1部屋しかない上に山賊に制圧されているという絶望的な状況なんですね。
あらすじの通り文字通り詰んでる状況、普通のなろう小説だったら、
ここでチート能力とか超幸運でなんとかする(なる)っていうとこなんですが・・・
ケーマが状況でまずとった行動は・・・なけなしのDP(ダンジョンポイント)を使用して枕を購入して爆睡すること。
もうこの時点で、「えっ!?このあとどうすんのっ??」って気持ちにならないですか?ならなかったら私の文章力不足です(えー
ストーリー展開については内政とダンジョンバトルが交互にあるって感じで、そのバランスが上手くて、ちょうどダれてきそうなタイミングでダンジョンバトルに持っていく展開と山場作りは見事だと思います。

あと、この小説は主人公も使役するモンスターも決して最強じゃない・・・というかむしろ相手強すぎじゃね?っていう感じのパワーバランスなんですが、個人的に力押しで俺tueeeって感じのより、こういう戦力的不利を主人公の知略で見事に覆す展開の方が好みなんですよね。

そういう作品を探してる方にはこの小説を読んでいただければきっと「それだ!!」と思っていただけると思います。

(C)井上雄彦 / 集英社

 

キャラ・・・B+

【主人公】ケーマ
なにより睡眠を優先する、天才の大多数は変人であるというのを地でいく主人公。
安心して眠るために、睡眠時間を削って働き、強者(ハクさん等)には基本的にびびりまくるわりに、
絶対強者の勇者に対して賭け事でイカサマして大金をぼったくるというよく分からない奴です。(えー
こいつの真価はダンジョンバトルパートでしょう。内政パートでは普通に優秀な人って感じですが、
ダンジョンバトルで見せる奇策はマジ天才です。特に相手ダンジョン攻略時の発想は神がかっているといいたいですね。

 

【ヒロイン】ロクコ
幼女 時々 少女で天然お馬鹿な残念ロリっ子ダンジョンマスター
かなりのお馬鹿ポンコツキャラとして登場して、今でもポンコツなのですが、(えー
最近はたまに妙案を出してケーマを驚かせるくらいまで成長してます。
最初はロリっ子ツンデレキャラと思わせておいて、最早デレしか残っておらず、むしろチョロインの称号を授けたい。(えー
あとケーマとロクコの打てば響くようなかけ合いが面白い

 

【その他】ニク他
正直ニクがこんなにメインキャラになるとは登場当時思わなかったです。だって・・・ねぇ?(えっ?
あとすごく思ったのは登場キャラが皆活き活きとしてるんですよね。

なろうとかだと登場人物増えすぎて、いまいちキャラも不安定で誰が誰だか分からなくなるって結構あるんですけど、この小説の登場キャラはメイン以外のたまに出てくる程度のキャラとかでもなんか憶えているという。

多分それだけキャラ付けがしっかりできて特徴を活かしてるからだと思いますね。

「その才能、俺だけは認めてやろう!!」

(C)島本和彦 / 小学館
ちなみにお気に入りキャラは、出番も少ないしセリフモ一切ないですが、テンさんです。

 

オリジナリティ・・・A

この小説のメインであるダンジョンバトル、ダンジョンを発展させるために町をつくるという設定は
最近他の小説でも見られますが、この小説がオリジナルじゃないかなと。
この小説より前にそんな設定見たことなかったので(違ってたらすいません)。
オリジナル(と決め付けて話し進めます)だけあって非常に完成度が高いです。
例えば、ダンジョン前に町をつくる過程ですが、
主人公が全部作ったんじゃなくて、
ダンジョン前に宿屋をつくる→ダンジョンを宣伝する→人が集まる→ギルド支部ができる→いつの間にか冒険者が定住
→定住する人が増えて町になる
って感じで、最初のきっかけを主人公が与えて、いつの間にか町に発展していったっていう話の展開がすごく自然だなと。
そしてこの小説のオリジナリティと言えば、ダンジョンバトルにおける主人公のトラップと攻略法でしょう。
特に好きなのは
・ねずみの『KAMIKAZEアタック』
・ハクさんの心をポッキリ折って爆発させた『This is 工事中』
・最強の斥候、『ミジンコ』
あたりですかね。いや、マジで著者の発想には脱帽ですよ。

「その才能、俺だけは認めてやろう」

(C)島本和彦 / 小学館

 

 

<個人的名言・名シーン>

「いや、よくないぞ。 逃げられたら皆殺しにできないだろ? せっかくDPが居るのに無駄になるじゃないか。だめだぞもったいない。いけるところまで絞り取らなきゃ」
「……同じニンゲンなのにDPと言い切ったわね。ケーマ、ちょっと尊敬するわー。このひとでなし?」
(ケーマ&ロクコ)

 

「どうよ、画期的でしょコレ!」
「画期的すぎて殴りたくなってきたよ、一発いいか?」
「なんでよ?!」
(ケーマ&ロクコ)

 

「えっ本気で寝てたの? 今まで? てっきり気を使った方便かと」
「いいえハク姉様……ケーマは、寝るときは寝る男なのよ!」
(ロクコ&ハク)

 

「ロクコ。テンタクルスライムさんを出すぞ。この上層で666番と決着をつける」
「アレ出すの? って、なんで『さん』付けなのよ?」
「そりゃ。テンタクルスライムさんだからな」
(ケーマ&ロクコ)

 

 

<書籍>



 

感想 小説家になろう感想    コメント:0

<まさにSAOの集大成>劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナルスケール- 』 感想

 

 

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

 

総合評価・・・★★★★★★★★★★ 10/10

 

 

感想

見てきましたよ、劇場版SAO!!
川原礫先生書き下ろしストーリーということで、期待していたんですが、
こっちの期待を軽々と超えていきやがる。
もちろん川原先生のストーリーだけじゃなく、全編通してのクオリティの高さはさすがの一言ですね。

 

 

 

 

ストーリー・・・S

この映画の見所の一つはこれまでのVRMMOの世界からARへと舞台が移ったことでしょう。

序盤にこのARデバイス『オーグマー』とそれを使用したゲーム『オーディナル・スケール』についての説明があるんですが、

なんていうか・・・

こういう近未来的ゲーム機って心躍るよね!!(えー

いや、SAOの魅力って将来的に実現されそうな、ちょっとリアリティのある世界観、というかゲーム描写も大きいと思うんですよ。

実際SAOを読んで、SAOとかGGOとかやりてぇーって思ってる方多いと思います。

それが、アリシゼーション編に入ってから(小説の話です)はゲーム要素が薄れて、ほぼファンタジー世界の物語になっちゃってたんでオーディナル・スケールのいかにも「未来のゲームです!」的な描写は非常にテンション上がりましたね。

また、この描写が非常に上手くて、本気でこのゲームがやりたくなってくるんですよね


ただこのゲームがただのゲームのままで終わるはずがなく、またしてもキリト達はSAOに関わる事件に巻き込まれていく。

そこに新キャラクターの『オーディナル・スケール』ランク2位のエイジ、『オーディナル・スケール』の歌姫ユナ、

『オーグマー』の開発者である重村教授の3人が深く関わってくると言う展開ですね。

この序盤で『オーディナル・スケール』の面白さに喰いつかせておいて、徐々に事件の伏線を張っていくのはSAOシリーズの王道展開なんですが、この日常から非日常への切替が今回も抜群に上手かったですね。

そして非日常に切り替わってからの感情の揺さぶりとクライマックスに向けての盛り上がりはホントすごかった!

特にラストバトルでの戦闘中の心の中でのハイテンションっぷりはやばかったです!

私が2ちゃんねらーだったら間違いなく「キターーーーーーー」と連呼で投稿していたことでしょう(えー

 

時系列的にはTV版第2期の後~、マザーズ・ロザリオ編とアリシゼーション編の間の物語ですけど、
マザーズ・ロザリオの後日談、アリシゼーション編に続く物語ってよりは
アインクラッド編の補完であり、SAOシリーズの呪縛の決着といったイメージですね。

っていうか正直これって、まさにSAOの完結編じゃねーか!(えー

ってくらい内容が詰め込まれてます。

いや、個人的にアリシゼーション編が完結編ってのにずっと違和感があったんですよね。

あれはあれで壮大ですばらしいんですが、完結編って言うより新章の第1部って感じというか、

PoHのことを除けば、SAOの先の物語って感じなんですよ。

では『オーディナル・スケール』の、どのあたりがSAOの完結編にふさわしいのかですが、

 

①SAOに因縁のある新キャラ

まず新キャラクターの3人が全員、SAOと深い関わりを持っていると言うことですね。

SAOで亡くなったプレイヤーの遺族だったり、茅場晶彦と深いかかわりがあったり、SAOサバイバーだったり。

今だSAOの呪縛に囚われている人たちを解放させるための物語でもあるわけです。

 

②キリトとアスナの物語

SAOってアインクラッド編を除けば、メインヒロインはアスナじゃないんですよね。

マザーズ・ロザリオはヒロインって言うより主人公って感じなのと、あれはアスナとユウキの物語であって、

キリトとアスナの物語ではないですしね。

GGO編に至ってはほぼ夫の帰りを待つ妻状態ですよ!(えー

アリシゼーション編もキリトとユージオとアリスの物語であり、アスナは活躍の場こそあれ、あくまでストーリーの中心ではありませんでした。

でも、完結編ならやっぱ「アスナがメインヒロインじゃないと」って思ってしまうわけですよ。

そんな中『オーディナル・スケール』はまぎれもなくキリトとアスナの物語なんですよね。

何しろ冒頭のSAO時代の思い出のシーンからすでに物語の伏線となってますからね。

そしてこれは、キリトとアスナの恋愛における完結篇でもあるように感じました。

 

③ラスボスがSAO第100層のボスモンスター

この映画のラストバトルの相手はなんと、SAO100層のフロアボスに設定されていたボスモンスターなのです。

その点、今回のラスボスは茅場晶彦の遺産ともいうべきモンスターであり、茅場晶彦本人を除けば

本当の意味でのSAO攻略を向かえるにあたって最もふさわしい敵ではないかなと。

 

ってな理由で『オーディナル・スケール』がSAOの章、アリシゼーション編~を新章と考えるとしっくりくるんですよね。

(PoHがじゃまだな...)(えー

もう、8.5巻とかで文庫化してほしいくらいですね(えー

とにかくこの映画はSAOの集大成ともいえるほど素晴らしいストーリーでしたってことが言いたかったんです。

 

 

演出・・・S

さすがは劇場版。超ハイスペックな作画の質に加えてキャラが動く、動く

戦闘シーンでも最初はARシーンに慣れてないキリトの動きから終盤の超高速戦闘まで、非常に上手く描写してます。

音楽との相乗効果も素晴らしく、ユナの歌が戦闘シーンをめちゃくちゃかっこよく盛り上げてますね。

何よりラストバトルへの盛り上げ方がやばい!!

ラスボスの圧倒的な強さと全滅寸前でのアスナの参戦。

そこから主要キャラが全員集合してのラストバトル。

SAO時代のキャラに戻り、二刀を抜くキリト。

そしてアスナのマザーズ・ロザリオからのスイッチでのスターバ-ストストリーム(多分)。

もうこの一連の流れはマジで神がかってました。

この怒涛の展開が超きれいな映像美で描写され、こっちのテンションは完全に振り切れっぱなしの状態。

マジで、もしも家で一人で見てたらガッツポーズしながら叫んでたと思います(えー

 

 

とにかくSAO好きの人、特にアインクラッド編が最高だという人には見て期待を裏切られることはないと断言できます!

逆に初めて見る人はTV版1期2期を見るか、文庫8巻までを読まないとついてけないと思いますが・・・僕には関係ないですね!(えー

 

 

 

 

最後に・・・SAO第100層のボスってヒースクリフじゃなかったっけ?(えー

 

これについてはきっとヒースクリフがこのモンスターを召喚すっる設定だったと(無理やり)納得してます(えー

 

 

 

 

<ライトノベル書籍>

 

感想 アニメ感想    コメント:0

<待望の新刊>SAO ソードアート・オンライン 19巻 ムーン・クレイドル 感想

 

 

《アリシゼーション編》を完全補完するエピソード!

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。どこからともなく現れた、たった一人の《ベクタの迷い子》が暗黒の神を倒し、この世界に平和をもたらしたのだ。しかし、そんな人界の中枢、白亜の塔《セントラル・カセドラル》にて──。《整合騎士見習い》へと昇進したロニエ・アラベルは、人界の最高意志決定者《代表剣士》キリトから、衝撃的な言葉を耳にする。
「──いずれもう一度戦争が起きる」
《大戦》のその後を描いた《アリシゼーション編》最後を飾るエピソード!

 

総合評価・・・★★★★★★★ 7/10

 

感想

とりあえず、続刊を書いてくれた川原先生に感謝しつつ、

アリシゼーション編ラストでアンダーワールドに取り残されてしまったキリトとアスナの200年を補完する物語・・・

と思わせておいて、思いっきりロニエが主役じゃねーか

というかタイトルからweb版で連載してた番外編の月のゆりかごだろうことは予想してたんで、ロニエメインの話かなとは思ってはいたんですが・・・

ここまでロニエ押しでくるとは(えー

(C)青山剛昌 / 小学館

 

ストーリー的にはまさかの前後編分冊の前編部分なので、次巻に向けての伏線張りがメインといった感じで、

戦闘シーンも少なめのほのぼの回といった所(事件は起きてますが)。

 

そんな中での個人的見所は

●キリトのくだらない遊びと食べ物への情熱

ゴブリン族とイボイボ虫取り比べとする人界人はキリトだけでしょう

●キリトの別格っぷり

アリシゼーション編で覚醒後に行き着くとこまで行き着いちゃったせいで、もはや敵なしというといったところ。

そんななか扉の封印の鎖を破壊するシーンでSAO時代のかっこを再現させたのはさすが

川原先生はこういう読者の期待を裏切らないというか、テンション上がるツボを押さえるのが神がかって上手いと思います。

●いちいちキリトに振り回されるロニエの慌てっぷり

学生だったころからいろいろな意味でスケールアップしているキリトのせいでロニエの気苦労もスケールアップしてます。

アスナがキリトのアホな行動にいちいち動じなくなったのは寂しいですが、(えー

その分ロニエがリアクション役として孤軍奮闘してくれてます。

●いちいちキリトにキュンキュンするロニエの乙女っぷり

この巻はキリトにキュンキュンするロニエにキュンキュンするお話といっても過言ではないでしょう(えー

というかアスナが正妻の貫禄というか、異様な余裕が生まれてるせいで私的には魅力半減なんですよね。

アリシゼーション編ではアリスやロニエに対して、「キリト君は私のよ」と必死になってるアスナの方が見たいのに・・・(えー

今回もキリトについて暗黒界に行くロニエに嫉妬するくらいしてほしかったなぁ~と。

正直『ぬるい対応しやがって・・・・・』という気持ちです。

(C)葦原大介/集英社

その分この巻ではロニエのヒロイン力が大幅にアップしているように感じます。

 

うん、見所あげてみたら見事にストーリーと関係ない部分ばっかりじゃねーか。

ストーリーに関しては後編読んでみないと何とも言えないっていうのもあるんですか、

ぶっちゃけ、全編部分だけだとほぼ『圏内事件』と同じ流れなんですよね(えー

アンダーワールドの理からはありえない事件が起こって、それを解決するためにキリトが奔走するって感じで。

どちらも、ちょっとミステリーっぽい要素がはいってるからそう感じるのかもしれませんが・・・

ただ、実は今回の話の中心になっている事件と今回のメインヒロインになっているロニエって実は何の関係もないんですね。

その辺がちょっと面白いところで、ロニエ中心に起こった事件じゃなくて、おそらくロニエ視点で語られてなったら

多分彼女は単なる脇役に終わってたと思うんですよ。

川原先生はそれをあえて彼女視点にすることで事件を通した彼女の心の成長が今回のメインテーマになってくるようにしたのかなと。

 

あとは事件の解決をどう持っていくのか? ロニエの恋の行方は?

そしてアスナに活躍の場はあるのか?(えー

とりあえずこの辺に注目して時間の発売を待ちたいと思います。

 

 

 



 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

<伏線がすごい>この世界がゲームだと俺だけが知っている 感想

 

俺たち猫耳猫プレイヤーは、いつも道のないところに道を作ってきた。
だから今回だって、そうするだけだ

 

迫りくるバグ! 襲いくる理不尽! そして、それを覆す圧倒的台無し策! !

"ぼっち"ゲーマーの相良操麻(ルビ:さがら・そうま)は
ある日、悪名高いバグ多発ゲームの世界に入り込んでしまう。
「理不尽」と「運営の悪意」を具現化したような通称<猫耳猫>の世界で
バグ仕様を逆手にとったソーマの冒険がはじまる!

 

八真八 真の総合評価・・・★★★★★★★★★ 9/10

 

データベース

感想

上のあらすじだけだと、「あぁ、主人公がゲームの世界に転移してゲーム時代のLvとステータスで無双するというお話ですね、分かります。」と思うことでしょう。
だが、作品はたった一つの他に類を見ない設定によって、小説家になろうの中でも超異端作品に仕上がっているのです。
無職転生を異世界ものの王道とするなら、この小説はまさに邪道の極致と言えるでしょう。

で、その設定というのが・・・猫耳猫というゲームがバグ満載という伝説のクソゲーであるいうことなんですね。
そのバグを逆手にとって裏技、抜け道、奇策を駆使して活躍?していくという所がこの小説の最大の見所となっています。

 

ストーリー・・・A-

コメディ要素が強い作品なので、感動するようなシーンとかは期待しないでください。
つーかこの作品で感動するような雰囲気を匂わせてきたら・・・それは100%罠です(えー
でもそれを補って余りあるほどにオリジナリティと構成が素晴らしいです。
この小説の肝は間違いなく、猫耳猫スタッフの悪意に満ちた鬼畜設定と理不尽なバグによるクソゲー具合だと思うんですけど、
もうね、「よくこんなバグ思いつくなっ!」って感じで思わず著者を尊敬してしまうほどオリジナリティにあふれています。

ちなみに何個かこのゲームのクソゲー具合を例に挙げると

 

・ゲーム初っ端のイベントがプレイヤーの9割以上が一度は死亡している初見殺しの罠。

・水の中に入っていると、HPがどんどん減る →普通にお風呂で溺死する。

・放置すると繁殖しまくって世界を滅亡させるスライムがいる(モブモンスターです)。

・序盤でレベル上げとかやってると、さっさと攻略しろよとばかりにNPCにMPKされる。

などなど・・・

 

スキル関係のバグでも

エフェクト的には5メートルくらいの範囲を攻撃しているように見えるのに、実際の攻撃判定は2メートルもないというがっかり技『虚ろなるワイドスラッシュ』。

・スキルの攻撃判定のある場所と自キャラの当たり判定がある場所がなぜか重なって、使った瞬間高確率で死んでしまうという『一撃自殺ブラッディスタッブ』。

・数値入力のミスか、ダメージ倍率がマイナスになっていて攻撃すると相手を回復してしまうスキル『活人剣アサシンレイジ』。

などなど・・・

 

いや、マジで鬼畜だわ。イベントもわざとバグ作ったんじゃねえかってくらい開発スタッフの悪意に満ちてます。まるで本当にこのゲームをやっているかのごとく、読めば読むほど猫耳猫スタッフへのヘイトが溜まっていくでしょう。その辺の文章力もさすがですね。

ただその分、そんなバグやら設定やらを逆手にとって無理・無茶・無謀をやり通す時の痛快さはハンパないです!

読めば読むほどこのゲームの理不尽さに震え上がり、それと比例して猫耳猫プレイヤーへの尊敬の念を禁じえません。

 

「猫耳猫プレイヤーの途方もない時間と労力を懸けた行動ッ!僕は敬意を表するッ!」

(C)荒木飛呂彦 / 集英社

 

キャラ・・・A-

【主人公】 ソーマ・サガラ
ゲーマー時代は廃人猫耳猫プレイヤー、
猫耳猫の世界では無自覚に敵も味方も全てを引っ掻き回す変人奇剣使い
こいつについての感想はただ一つ、
「この主人公の場合に限って 常に最悪の解決方法を想定しろ 奴は必ずその少し斜め上を行く」

(C)冨樫義博 / 集英社

 

特に生贄の迷宮あたりから斜め上具合が加速度的に増していきます。

終盤あたりとか、マジで攻略前のこいつの説明は信用できねぇ・・・

この小説を読み終わる頃には、あなたは重度の『ソーマ不振』となっていることでしょう。

それにしても序盤はぶっ飛んだNPC達に振り回される比較的常識人だったのに、いつの間にか敵も見方も、読者ですらも振り回す変人ポジションに・・・

一個だけ不満なのは書籍版のソーマのイラストがちょっとギャグっぽい感じなので、もっとかっこいい見た目にしてほしかったなぁ~と思います。

なにしろなろうで読んでる時は『SAO』のキリトみたいなイメージで読んでたんで。
ミツキはあんなにかわいく描いてるのに!(えー

 

【ヒロイン】 ミツキ・ヒサメ、リンゴetc...
ハーレムと言っていいのかは不明ですが、複数のヒロインが登場します。
ただちょっと多すぎかなとも思いましたね。
初期から登場してるヒロイン3人くらいにしぼって、もっとサブキャラとか男キャラにもスポット当ててほしかった。

ライデンとか勇者とかほぼ1発ネタじゃねーか!
何しろメインキャラはほぼ主人公とヒロインのみで、後の登場人物はほぼ全員MOBキャラですから。

あとヒロイン全員も、出会った当初は主人公を振りまわす側だったはずが、
ソーマの非常識さが増すにつれ、ほぼ全員がいつの間にかツッコミ役にまわるという・・・

 

【その他】
主人公とヒロインを除く唯一のレギュラーメンバーである『くま』の存在感がやばい!
この小説はくまのためにあるんじゃないかと思えるくらいに、いい所を根こそぎ持っていくナイスガイです。
いや性別不明なんでガイではなく謎生物・・・つーか生き物かどうかも怪しい謎の存在ですね。
とにかく謎の存在の存在感がやばいと言っておきます。
あとはほとんどモブキャラばっかりですね。
あっ、準レギュのポイズンたんの毒舌無双は必見です。
その毒舌っぷりは猫耳猫内のNPC中最高レベルの勇者すら毒牙にかけるほど。

「もうやめて!とっくに勇者のMP(メンタル)はゼロよっ!!」

 

伏線~どんでん返し・・・S

とにかく伏線の張り方と回収の手並みが神懸かっています。

この作品の肝が猫耳猫の鬼畜設定と理不尽なバグなのは間違いないですが、

最大の見所は巧妙に張り巡らされたこの伏線の扱い方だと思ってください。

どうでもよさそうなギャグや設定、何気ない行動や風景が後々大きな意味を持ってきて本気で驚愕させられます。
「ここでその設定が生きてくるんかっ!?」「あの時の行動にはそんな意味がっ!?」「くそっやられた」

って感じで何度主人公に振り回されたことか

(C)大場つぐみ・小畑健/ 集英社

 

マジで主人公だけじゃなくて地の文も含めて、攻略方法の説明は一切信用できねぇよ!

いや、ウソをつかれてるわけじゃないんですけど、巧妙な言い回しで見事にミスディレクションさせるように罠がしかけられてたり、核心の部分だけ見事に隠蔽されていたり、ぶっちゃけ「猫耳猫スタッフより悪意があるんじゃねーの?」
と、著者の人格を疑うレベルです(えー

ただ、その分だけ伏線の回収~大どんでん返しに持っていった時のカルタシスはヤバい!!

 

笑って、驚いて、もっぺん笑って痛快な気分を味わうには最高の作品ですね。

そして道なき道を突き進む猫耳猫プレイヤーの気高さと執念とアホさに驚愕して、尊敬して、ドン引きして下さい(えー

 

最後に『このゲームと全ての猫耳猫プレイヤーに幸あれ』

 

 

<個人的名言・名シーン>

『猫耳猫wiki』のFAQの一つ目には、ただ、こうある。

Q:○○なんですけどバグですか?
A:バグです。

あまりに潔いそのたった四文字の返答が、つまりは『New CommunicateOnline』というゲームの全てなのである。

(猫耳猫の説明シーン)

 

「俺たち猫耳猫プレイヤーは、いつも道のないところに道を作ってきた。
だから今回だって、そうするだけだ」

(ソーマ・サガラ)

 

実際、「天空都市で誰かを倒す」と言ったら、猫耳猫プレイヤー百人中百人が「あ、落下死ですね分かります」と答えるだろう。
いや、むしろ天空都市まで行ったのにそこからモンスターを落とさないなんて、それは逆に天空都市先輩に失礼だとすら言える。

(ソーマ・サガラ)

 



 

感想 小説家になろう感想    コメント:0