おすすめWEB小説紹介(小説家になろう・カクヨム)紹介・感想

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

飯テロ注意!! 料理・グルメをテーマにしたWEB小説の紹介・感想

 

久々の企画もの。

料理をテーマにしたラノベやWEB小説も増えてきた&注目度が上がってきた気がするので、小説家になろうやカクヨム作品の中から管理人が読んだことのあるWEB小説をピックアップ。

ぶっちゃけ、今さらな有名作も多いですが、その辺はご了承を。

 

 

地球のお店の入口が異世界と繋がったお店

お店の入り口が異世界と繋がってしまうというもの。

料理に関しては、現代日本とも行き来できるため、食材も機材もまんま純粋な現代日本の料理を提供

異世界食堂

小説家になろうで『異世界食堂』を読む

WEB小説ランキングワールド『異世界食堂』データベース

 

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。
洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。
しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客"で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

 

小説家になろうの料理ものの中でも、おそらくは最も有名な作品。

なろうの累計ランキングでも常に上位にランクインしています。

内容は異世界のいろんな住人が「洋食のねこや」を訪れ、異世界の料理に舌鼓を打つというもの。

短編連作形式で、毎回違ったキャラが客として食堂を訪れますが、料理を食べる描写がとにかく秀逸

なぜ文字だけでここまで人がおいしそうに料理を食べる姿を描写できるのか!?

とにかく飯テロもののラノベが読みたいって方には間違いなくおすすめです。

 

異世界居酒屋「のぶ」

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

居酒屋「のぶ」の正面入口は、なぜか異世界に繋がっている。古都と呼ばれるその街には中世ヨーロッパのような、しかし全く別の文化が息づいていて、そこに住む衛兵たちや貴族、聖職者、ギルドのマスターなどが、今日もこの居酒屋の暖簾をくぐる。彼らは今まで味わったことのなかった“トリアエズナマ”という冷えた酒に驚き、未体験の料理に舌鼓を打つのだ。新感覚の異世界グルメファンタジー。

 

異世界のとある街に入り口だけつながった居酒屋の作品。

こちらも短編連作形式の物語で、小説化になろうの飯テロ系の中では、異世界食堂と並ぶ超有名作品。

ただこの作品は飯テロ作品であると同時に、酒テロ作品でもあるというのが管理人の感想。

「トリアエズナマ」の破壊力は万国共通、というか異世界ですら共通と言うことか。

生ビールに鳥の唐揚げ、冷酒に煮魚やおでん。

どれもこれも美味しそうで、読みながら食べたく、そして、飲みたくなってくること間違いなし。

居酒屋特有の常連さんとの和気あいあいとした雰囲気も魅力で、看板娘のシノブちゃんがすごくいい役柄果たしてます。

 

 

異世界で地球っぽい飲食店を経営

入口だけ繋がっているというのではなく、異世界の中にお店をオープンして経営している。

主人公やヒロインもその世界に暮らしている。

異世界駅舎の喫茶店

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

タクミは途方に暮れていた。電車で眠っていたはずが、気づくと蒸気機関車に乗って、ヨーロッパのような田園風景の中を走っている。
そして、隣の妻は、猫耳の少女になっていた。終着駅の駅長によると、タクミと妻は、異世界が交わる現象「時線の転轍」に巻き込まれたらしい。
そして二人は、駅長の計らいで、その終着駅で喫茶店「ツバメ」を営むことになったのであった。
駅を乗り過ごしてしまった少女。毎週一回、決まって駅を訪れる老人。世界を飛び回る目利きの女実業家。駅には毎日、いろんな出会いがやってくる。
人と食べ物、そして思い出が出会う、ちょっと不思議な物語。

 

異世界に転移してしまった主人公がその世界の駅の中で喫茶店を経営する話。

お客が料理を食べる描写だけでなく、料理を作る過程も丁寧に描かれています

この料理家庭の描写については、数ある料理もののWEB小説の中でも一番詳細に描写されているのではないかと思います。そしてそれがまた食欲を刺激してきますね。

また、喫茶店を通じて主人公が異世界の住民として溶け込んでいく過程がほっこりします

 

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを

カクヨム 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

この話は、なんてことのない話だ。
僕の喫茶店に来るちょっと変わったお客さんと至極まともな僕の、平凡な毎日の話だ。
それでも構わないという平穏好きな人は、暇潰しにでも僕の話に付き合って頂ければ幸いだ。

コーヒーでも傍に置いて、いつも背中を押してくる時間の流れってやつを無視する心意気で、まったりぐだぐだしてほしい。

 

ほっと一息つきたい時に読む一冊ならおすすめは間違いなくこの作品

カクヨムの累計ランキングでも上位になっている人気作。

主人公の作る食事もおいしそうなんですが、それ以上に作品から感じる世界感が、喫茶店特有のゆったりとした時間の流れを上手く表現していて癒されます。

通学・通勤途中とかじゃなくて休日なんかにぼーっとコーヒー飲みながら読んでほしい作品

 

なおカクヨムに掲載されているWEB小説版も悪くないですが、管理人としては書籍版の方を絶対的におすすめします。

どちらも短編連作の形式をとっておりますが、書籍版では見事な改変と加筆修正が成されており、それぞれの短編がラストのエピソードで一つに繋がる展開は素晴らしいの一言!主人公がこの街で喫茶店をやってきた意義を感じるストーリーとなっています。

 

迷宮レストラン

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

「なんでこんな妙な場所で営業しているんだい?」
とある街の近くに突如出現した謎の迷宮。お宝ゲットと調査を兼ねて迷宮に潜った、駆け出し冒険者たち。
最深部で発見したのはなんと、お宝ではなく小奇麗なレストラン!?
この世界では見たことも聞いたこともない、極上料理――豚肉の生姜焼き、オムライス、クリームシチュー、フルーツパフェ――にメンバー全員、メロメロに。
スイーツ好きを隠していた“竜殺しガルド"、「お汁粉」に感動する豆嫌いのエルフ、と増えていく常連。対魔王用に召喚された勇者は「鯖の味噌煮定食」でなぜか号泣!?
可愛らしいウェイトレスのアリスと、凝り性な天然おとぼけコック(=魔王)が贈る新感覚料理ファンタジー、開店です!

 

主人公は魔王なので地球から異世界転移・転生してきたわけではないですが、なぜか明らかに地球の料理が提供されるというもの。

凝った料理が出てくるわけではなく、ファミレスや定食屋的なメニューが中心ですがそれが逆に食欲をそそります

ダンジョンでレストランをするという設定も、今では割とありそうな話ですが、当時は斬新だったように思います。

 

 

料理が異世界の歴史や文化を変える

料理の描写もさることながら、料理を通じた異世界の人々との交流や異世界の食文化への影響なども強いテーマとなっています。

傭兵団の料理番

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。

 

異世界転移した主人公が、傭兵団の料理番として活躍し、後に「食王」と呼ばれるほど、この世界に功績を残すという作品。

というより傭兵団の伝説的な活躍の裏には主人公の料理があったんだよという話

ちょっとだけ伝記的な要素も含んでます。

前後編で1話という形式が大半で同じ出来事に対して前編が主人公視点、後編が相手視点で語られます。

料理もおいしそうですが、料理を通じて周囲に認められ、主人公が傭兵団にいなくてはならない存在になっていく関係性の変化が良いですね。

 

異世界料理道

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、人々はただ生きるためにモノを喰らう。料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす、異世界料理ファンタジー!

 

WEB小説の料理ものとしては珍しい、短編連作ではなく長編物語的な作品。

食事を楽しむという概念の無い異世界に飛ばされた現代の見習い料理人が、
初めて見る食材を前に試行錯誤し、その料理で人々の心に潤いを与える展開に心が温まる

中盤以降は街での商売の開始に合わせて、徐々に世界が広がっていきます。異世界の食に対する価値観、好みの違いなどが面白い。

個人的には序盤の、『森辺の民』の食文化を改革し、少しずつ主人公が『森辺の民』の一員として認められていくというストーリーが好きです。

 

 

異世界から日本へ逆転移して現代の料理に舌鼓を打つ

異世界から日本へやってくるという、上記作品とは全く逆のパターン。

主人公やヒロインが食べる側なのも逆。

最強魔王様の日本グルメ

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

魔界で最強を誇る魔王があるとき手に入れた指輪。それは時間制限付きで現代日本へ転移できる秘宝。仕事に飽き飽きしていた魔王はそれを使って、現代日本へ降り立った。グルメな魔王が訪れたのは、ガード下の焼鳥屋、うどん屋、カレー屋、ラーメン屋台。缶ビールとおつまみを魔界にテイクアウトし、日本の庶民派グルメに舌鼓…。おとぼけ魔王のぶらり日本グルメ旅、はじまりはじまり―

 

WEB小説版 or ラノベ版「孤独のグルメ」とでも言うべき作品

文字通り異世界から日本にやってきた魔王が、食事をするだけのストーリーなんですが、

料理のチョイスもきつねうどんやら焼き鳥やら渋くていい感じです。

そして料理のチョイスと魔王のギャップがどこか面白い。

ストーリーだけじゃなく、作品の雰囲気というか、ノリも「孤独のグルメ」っぽくてなぜか引き込まれます。

 

異世界堂のミア お持ち帰りは亜人メイドですか?

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

猫族の亜人のメイドであるミアは、新しい奉公先となる屋敷へ向かっていた。

町外れに佇むその屋敷は、主人のせいで「偏屈屋敷」と呼ばれている。曰く、ふらりと町にやって来て瞬く間に財を成した天才。しかし人付き合いを嫌い姿を見せないのだ。緊張しながら門を潜ったミアが出会った主人、偏也は、予想を超える変人だった!

最悪な初対面ながらもメイドとして働くことになったミアに、偏也は屋敷を案内した後、ある部屋だけは「絶対入るな」と言いつけた。不思議に思いながら働くミアだがある日、偏也にその部屋へ招かれる。ぽつんと置かれた大きな鏡を通り抜けるよう言われ、恐る恐る足を踏み出すと…次の瞬間、ミアは異世界「チキュウ」へ来ていたのだった。

風変わりな日常系ほのぼのコメディ!

 

ヒロインであるミアのかわいさが全て。とまでは言わないですがとにかく彼女がかわいい。

出てくる料理はチェーン店の牛丼やファミレスのハンバーグなんかですが、「チキュウ」の料理を食べたときのミアのリアクションがめちゃくちゃ美味しそうで、十分に飯テロ作品といっていいクオリティになっています。

正確に言えば料理がメインテーマというわけではなく、異世界の猫耳メイドのミアが地球に来て、その文明の違いに驚くというのが作品の趣旨になりますが、飯テロ好きの読者の方には間違いなくおすすめです。

 

 

料理 × その他ジャンル

料理とその他のジャンル要素をミックスした作品。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

小説家になろう 掲載ページ

WEB小説ランキングワールド データベース

 

現代日本から剣と魔法の異世界へと召喚された向田剛志。
どんな大冒険が待っているのかと思えば、実はムコーダは「勇者召喚」に巻き込まれただけの一般人だった!
そんなムコーダの初期ステータスは正規の勇者(3人もいる! )に比べてかなりしょぼい……。
さらにムコーダたちを召喚した王国がうさん臭く、「あ、これ勇者を利用しようとするやつだ」と察して一人城を出るムコーダ。
この異世界でムコーダが唯一頼りにできるのは固有スキル『ネットスーパー』――現代の商品を異世界に取り寄せられるというものだけ。
戦闘には向かないが、うまく使えば生活には困らないかも? と軽く考えていたムコーダだったが――?
実はこのスキルで取り寄せた現代の「食品」を食べるととんでもない効果を発揮してしまうことが発覚!
さらに、異世界の食べ物に釣られてとんでもない連中が集まってきて……!?

 

料理×チート能力×異世界冒険ものといった印象

スキルを使って現代の食品や調味料(焼肉のタレ等)を召喚して使い魔や神様を餌付けしながら冒険していくというのが作品の特徴。

そのため、他の料理・グルメもの作品とはちょっと系統が違います。

料理自体は一人暮らしだった主人公が作る家庭レベルのものが中心だが、不思議と妙に食欲をそそられる。

また、魔法使ったりモンスターと戦ったり迷宮にもぐったりと、作品の雰囲気はむしろ冒険者ものに近いです。

ちなみに小説家になろうでしばらく四半期、年間のランキングトップを独占するくらい人気の作品でした。

 

管理人のライトノベル(ラノベ)等感想リストへ戻る

 






 

 

感想 ライトノベル感想 ラノベ関連まとめ・雑記等 感想 WEB小説 感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: