86,エイティシックス,ラノベ,ライトノベル,感想,レビュー,おすすめ,評価,小説家になろう, WEB小説,ランキング

WEB小説ランキングワールド

<電撃大賞史上最高傑作>86―エイティシックス―(電撃文庫) 感想

 

 

いつか、おれ達が行き着いた場所まで来たら、花でも供えてくれませんか

 

“その戦場に死者はいない”――だが、彼らは確かにあそこで散った。

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。
そう――表向きは。
本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。
死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。
二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!

 

総合評価・・・★★★★★★★★★ 10/10

 

感想

ふふふ、ふはは、ふはははは!

いやぁ~、思わず正しく笑いの三段活用を実行してしまうほどに衝撃的でした。

ホントは今日はWEB小説の感想をあげる予定だったのが、気付けば普通のラノベの感想を書いてしまっていたぜ(えー

この小説はSAO(19)のついでに買ったようなもんだったんですが・・・

正直今年の個人的ラノベランキングNo.1候補ですね。というか歴代NO.1かもしれないくらいの破壊力でした。

 

 ストーリー・・・S

伏線の張り方、物語の展開、文章力のどれをとってもずば抜けていてます。

あとがきで著者が書きたい話を書きたいように書いた作品といってますが、

それでこの完成度はありないでしょう。

どう見たってこの作品は新人のレベルを遥かに超えてる・・・!えー

(C)附田祐斗・佐伯俊/集英社

最初から最後までノンストップでおもしろいですが、

あえてお気に入りシーンをあげるならば、

『アルバのいい人』達のエピソード、

86(エイティシックス)達の気高さを表す終盤の会話シーン、

そして何より、ラストバトル後からエピローグまでの展開は神がかっています

「ラストの一文まで文句なし」という帯の時雨沢先生のコメントに偽りなし!!

 

キャラ・・・B+

正直そこまでぶっ飛んだキャラはいないですが、

それが逆に終始シリアスなこの作品に合っていると思います。

隊員のみんなもそれぞれに個性があるんだけど、あえてできるだけ普通の少年少女に描いてるんじゃないですかね。

終盤で「こいつらなんて強いんだ・・・」と思わせるために。

あと、ガーターベルトは素晴らしい(えー

いや、ガーターベルト好きなんじゃないです。レーナのガーターベルトが素晴らしいのです(えー

ちなみにお気に入りキャラは機械のファイドです。

セリフは「ぴ」しかないのになんて感情表現豊かなんだこいつは・・・!

評価B+のプラス分は間違いなくファイドのおかげです。

 

感動・・・S

『アルバのいい人』達と『スピアヘッド』の高潔さ。

遠く隔てた少年と少女の心の交流。

絶望の中を進み続ける少年少女たちの強さ。

これでもかってくらい「感動しろよっ」ってスーリー展開んですが、

まんまと感動してしまいましたよ、僕は!

ぜひ彼らの行きつく先を見届けてください。

 

<個人的名言・名シーン>

「 ファッキン・グローリー・トゥ・スピアヘッド・スコドーロン(スピアヘッド戦隊にクソ栄光あれ)」

(クジョーの落書き)

 

「最初の部隊で、他の奴らと約束をしたんです。死んだ奴の名前をそいつの機体の破片に機体の破片に刻んで、生き残った奴が持っていよう。そうやって最後まで生き残った奴が、そいつの行きつく場所まで全員を連れて行こう、と」

(シン)

 

「いつか、おれ達が行き着いた場所まで来たら、花でも供えてくれませんか」

(シン)

 

 



 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: