『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』 おすすめライトノベル(ラノベ) 感想

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』感想

 

6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。 (角川スニーカー文庫)

大澤 めぐみ (著), もりちか (イラスト)

 

今よりもっと、もっと早く。もっと強く。

やるべき宿題は山のように積みあがっている。

 

『おにぎりスタッバー』の鬼才による、渾身の青春群像。

やりたいことが見つからず、漠然と都会を夢見る優等生の香衣。サッカー部のエースで香衣の彼氏のはずの隆生。香衣に一目惚れする学内唯一の不良・龍輝。ある秘密を隠すため、香衣の親友を演じるセリカ。4人が互いに抱く、劣等感。憧れ。恋心。後悔。あの駅で思いはすれ違い、一度きりの高校生活はとどまることなく進んでいく。「どうしてすべて手遅れになってからでないと、一番大事なことも言えないんだろう」これは、交錯する別れの物語。

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★★☆ 8.5/10

 

感想

大澤 めぐみ先生による青春群像劇。

これまでの先生の作品といえば「おにぎりスタッバー」や「ひとくいマンイーター」など、少なからずクセのある作風というイメージだったんですが、今回はシンプル&ストレートな物語

なにより少年少女の悩みや葛藤の描き方がかなりリアルで、かなり自分の好みにストライクな作品でした!!

 

とりあえず表紙やあらすじで気になっている方は、割とその印象まんまのストーリーなので買ってそんはないかと。

思春期の少年少女の日常の風景と葛藤を描いた群像劇

ストーリーとしては長野県を舞台に、4人の高校生たちの入学から卒業までの3年間の高校生活が描かれています。

特徴的なのが、高校生活を描いているといっても、クリスマスやバレンタイン、文化祭や修学旅行といったラノベの学園ものにおける定番行事を一切描くことなく、徹底して日常における出来事の描写にこだわっている点ではないでしょうか。

その何気ない描写や日々の些細な出来事によるちょっとした心境や人間関係の変化の描き方が本当に上手いです。

 

またこの作品では章ごとに語り部が変わり、それぞれの視点から見た高校生活が描かれる、はっきりとした群像劇の形態がとられています。
そしてそのストーリー構成がまた見事!!
例えば1章では香衣からみた隆生やセリカへの想いや関係、自分自身がどういう人間かが描かれているんですが、後の章ではそれぞれの視点から見た自分自身や香衣との関係、香衣への想いが描かれており、その対比と描写の順番がとにかく素晴らしかった!!
ぶっちゃけるとみんながみんな、自意識のかたまりのようなもんなんですが、その青さと些細なことが人生の全てのように感じる悩みがいかにも高校生といった感じで、まさに思春期の青春といった印象
特に高校生らしい行事を書いていないのに、やたらと高校時代が懐かしく感じてしまったのは、多分この内面描写がすごくリアルで秀逸だったからだと思います。

 

紹介文どおり、まさに渾身の青春群像劇といったストーリー・描写で、僕みたいな大人は高校時代の郷愁を誘われ、(おそらく)登場人物達と同世代の人たちはその悩みに共感できる素晴らしい作品でした。

 

 

 

<個人的名言・名シーン>

 これから先の三歩を、わたしは一人で進まなければならない。

by 香衣

 

今よりもっと、もっと早く。もっと強く。

やるべき宿題は山のように積みあがっている。

by 龍輝

 

俺が本格的にダメになってしまう前に、お前が大学に入って出て行ってくれるなら、俺はそれでアガリ。百点満点ってわけにはいかないだろうけど、及第点くらいは取れてるでしょ

by 正弥

 

松本駅の3番ホームに金ピカのギ=マニュエル・ド・オメン=クリストが親指を立ててかっこいいポーズで佇んでいて、顔の液晶に私に向けたメッセージを流しているのだ。

by 香衣

 

 

 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: