『戦闘員、派遣します!』 おすすめライトノベル(ラノベ) 感想

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

『戦闘員、派遣します!』 感想

 

戦闘員、派遣します! (角川スニーカー文庫)

なつめ (著), カカオ・ランタン(イラスト)

 

「スノウを囮にして即刻逃げるぞ。行くぜアリス!」

「がってんだ!」

 

世界征服を目前にし、更なる侵略地の先兵として派遣された戦闘員六号の行動に『秘密結社キサラギ』の幹部たちは頭を悩ませていた。侵略先の神事の言葉を『おちんち○祭』と変更するなど、数々のクズ発言。さらには自らの評価が低いと主張、賃上げを要求する始末。しかし、人類と思しき種族が今まさに魔王軍を名乗る同業に滅ぼされると伝えられ――。
「世界に悪の組織は二つもいらねぇんだよ!」現代兵器を駆使し、新世界進撃がはじまる!!

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★★☆ 7.5/10

 

感想

『この素晴らしい世界に祝福を!』の作者である暁なつめ先生の新シリーズです。

まあ、新シリーズといっても実際は『このすば』以前に書いてた作品の書籍化にあたりますが。。。

 

悪の組織に改造人間、転移装置なんかのSF、勇者に魔王に魔法といったファンタジー、異世界転移に現代知識チートなど、色んな要素のごった煮といった設定なんですが、ただそれを暁なつめ先生らしいコメディ全開なノリで上手く一つにまとめており、設定過多な印象を受けないのがすごいところ

 

そして『このすば』同様、絶妙に頭のおかしい主人公やヒロインたちが繰り広げる掛け合いという名のバカ騒ぎが最高に愉快です

 

ナチュラルに面白いセンス抜群のコメディ

実はラノベ作品の中で、こと笑いにおいては暁なつめ先生のセンスがトップクラスに好みだったりします。

(といってもこれまで『このすば』しか読んだことないですが)

 

キャラが狙ってボケてるというより、素で頭おかしいやり取りをしている感じなのが、ナチュラルに笑えるんですよね。

 

今作でもその魅力は健在で、テンプレ展開をあざ笑うかのような主人公の戦闘員六号と相棒のアリスによる、敵味方問わずの暴言・無礼・暴虐の仕打ちがかなりツボでした

 

絶妙なバランスの変人具合が魅力的なキャラクター

センス抜群・コメディ全開なノリを支えるキャラクターたちも『このすば』同様、非常に魅力的

主人公はほどよくクズで、微妙に小物で、いい感じに変態で、割と善人。このバランスが非常に素晴らしく、クズで割と最低な発言も連発してるのに、なんか憎めない絶妙なキャラに仕上がってます。この辺りも『このすば』のカズマに通じるものがありますね。

 

他のメインキャラもどいつもこいつも確実におかしい変人・変態どもですが、みんな少なからず常識的な部分も残しており、そのバランスもまた秀逸。なので全キャラがボケにもツッコミにも対応でき、シーンによってボケるキャラ、暴走するキャラ、ツッこむキャラ、ドン引きするキャラなど、それぞれの役割がかなり入れ替わります。

これについては、人によって読んでて分かりにくいってある可能性もありますが、僕としてはメインキャラ全員がイキイキと描かれてる感じがして良いなと思いました。

 

個人的には主人公とアリスの、逃げる決断する時や、他人を貶める時の、やたらと息ぴったりな掛け合いがめっさツボでした

 

戦闘員六号

主人公。いい感じのクズ。・・・・・・いい感じのクズっって何だ?

アリス

主人公の相棒のアンドロイド。人を貶める発言と発想に関しては天下一品。

たまに主人公と思考回路が一緒なんじゃないかと思えるくらい息ぴったりな時がある。

スノウ

間違いなく主人公とアリスの悪ノリの一番の被害者。

でも本人も大概な部分があり、たまに主人公をドン引きさせる。

ロゼ

おそらく羞恥プレイをさせたら右に作中で右に出るものはいないというくらい涙目が似合う子

グリム

車いすで暴走出せたら、こち亀の本多ばりにネジが外れるやばい子。

淫乱ビッチと紹介文にあるのに全然ビッチじゃないのは詐欺だと思う(えー

 

総評

実に暁なつめ先生らしい作品。逆にあえて苦言を呈するなら「暁なつめ先生らしすぎる」点かなと。

せっかく『このすば』と全く違う設定の作品なのに、キャラの魅力も作品の雰囲気もほぼ『このすば』と同じという印象を受けちゃうのがもったいないところ。まあぼくは好きなので何の問題もないですが、『このすば』も続いてるんだし、せっかくなら違う雰囲気の作品も読んで見たかったという気持ちも。おもいっきりラブコメメインな作品とか。

 

 

<個人的名言・名シーン>

「誰か、助けてくれ!この女は頭がおかしい」

「一体誰がおかしい女だ!おかしいのは貴様の頭だっ」

by 戦闘員六号 & スノウ

 

「スノウを囮にして即刻逃げるぞ。行くぜアリス!」

「がってんだ!」

by 戦闘員六号 & アリス

 

 

 

 

 

 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: