『ワキヤくんの主役理論』 おすすめライトノベル(ラノベ) 感想

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

『ワキヤくんの主役理論』 感想

 

ワキヤくんの主役理論 (MF文庫J)

涼暮 皐 (著),    すし* (イラスト)

 

「今の……喧嘩っていうか、むしろもう完全にめちゃくちゃ仲よしだったよね……」

 俺と友利は同時に、同音で言った。

「――いや普通だって」

「そういうところだあ、ちくしょーっ!!」

 

 主人公とヒロインのベタでコテコテなラブコメを堪能すべし

 

青春を最大限楽しむためのメソッド《主役理論》を掲げ、夢の一人暮らしを勝ち取った俺・我喜屋未那。隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトで、バイト先も趣味嗜好も全てが同じ……なのに俺と真逆の《脇役哲学》を掲げる、決して相容れない天敵だった! そんな叶との口喧嘩の果て、同時に部屋の壁を蹴破ってしまい、何故か同棲する羽目に。そして俺たちは、やはり同時に考えた――これは戦争だ、と。
「そのさもしい青春に嫌気が差したら、いつでも言ってくれればいいぜ?」
「そっちこそ、煩わしい人間関係に嫌気が差したら、いつでも頼ってくれていいよ」
俺の《主役理論》と叶の《脇役哲学》、どちらが正しいかこの同棲で白黒つけようか!

 

八真八 真のおすすめ度・・・★★★★★★ 6/10

 

感想

これは――あれですね。主役理論がどうとか、脇役哲学がどうとかあれこれ考えずに、主人公の我喜屋未那とヒロインの友利叶のこってこてのラブコメがメインと考えて読むのが一番楽しめる読み方かなと。

そこを間違えると、超展開&二人の超理論に一冊ひたすらツッコミ続けることになるんでご注意を。(えー

逆にラブコメに注力して見ると、二人の「もう結婚しちゃえよ!」ってくらいの息の合い方にニヤニヤできます。

いちいち好みや発想がかぶる二人の絡みがうらやましいやら読んでて恥ずかしいやらでたまらんです!!

要は細かいツッコミどころは全部ラブコメだからっ!ってことで気にすんな(えー

例えば主人公とヒロインはが同棲同然で暮らしてるわけですが、その原因は元々は隣同士の部屋を借りてたのが、壁越しに言い争いしてたらヒートアップして壁に蹴り入れたら、壁が崩壊して一部屋になったからという超展開なわけです。普通に読んでたら「蹴りで壁が崩壊するってどんな欠陥住宅やねん!」ってドン引きするところですが、ここは友利さんの下着姿を描くために壁を取っ払ったと解釈して「涼暮先生、グッジョブ!」って思うのが正しい読み方。……なはず(えー

 

ワキヤくんの主役理論

細かいあげ足を取り出したらキリがないし、この作品の魅力はそこではないので一つだけツッコミを。

言いたい事はよく分かるんだけどこれって、高校生活を謳歌するための指針であって、別に主役うんぬんとは関係ない問題じゃなくね?

実際クラスの中心グループに属していても、主役といえるのはグループの中心人物(この作品の勝司君的ポジション)だけであって、それ以外はそいつの友達という脇役ポジションでしかないですからね。と、経験者は語る・・・・・・。

つまりワキヤくんの理論的に、高校生活において大事なのは、友達とワイワイ楽しく過ごすことが重要なんであって、主役か脇役かはあんまり関係ないんじゃないのかなってことです。

 

トモリさんの脇役哲学

僕的に感じたのは、友利さんが目指してるのって、脇役じゃなくて"ぼっち"もしくは"孤高の存在"じゃね?ってことですね。

誰にも干渉せず、干渉されず、自分の時間と自由を謳歌する――これは脇役ではなくぼっちの定義である!!

そもそも脇役っていうのはぼっちでもサブキャラでもなく、”モブキャラ”のことだと思うんですよね。

高校生で一人暮らし始めて、個人経営で雰囲気ある喫茶店でバイトして、容姿端麗・・・・・・そんな個性あふれるモブキャラいねぇよ!!

本当に脇役目指すなら『俺ガイル』の大和君あたりのモブキャラッっぷりを勉強してこいと声を大にして言いたい。

大和君なんてあんだけ葉山と一緒にいるのに、未だにフルネーム不明なんだぜ・・・・・・。

つまり脇役っていうのは集団に埋没して、いたらいたで良いけど、いなくても大勢に影響ないよねっていう感じの存在であって、彼女のとっている行動は決して脇役のそれではない!常一人でいる人ってむしろ目立つから!!

要は、友利さんが目指しているのは、これまた『俺ガイル』でいうところの、雪ノ下さん(物語開始当初)や川崎さんのような立ち位置であって、それを脇役とかほざくのは、生粋の脇役である俺が許さん!!(えー

 

総評

結論、人生において主役になるべきか、脇役に徹するべきかというのがこの作品のテーマと見せかけて、それはちょっと大言壮語が過ぎるかなと。

実際には高校生活を謳歌するには、友人と皆でわいわい過ごす方が楽しいか、一人の時間をゆっくり過ごす方が楽しいかどっちなんだ?って言った方がしっくりきますね。

 

でも後半はワキヤ君がしっかり主人公しています。でもこれも主役理論どうこうじゃなくて、ワキヤ君の持って生まれた主人公気質によるところが大きいような……

というかこの辺気にしだすとキリがないので、やっぱりこの作品はそういう細かいことはスルーして、主人公とヒロインの異常なまでに息ぴったりの絡みに悶えながらラブコメ部分を楽しむのが、正しい読む方ということかなと!!

 

 

 

 

 






 

 

感想 ライトノベル感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: