劇場版『ソードアート・オンライン/SAO -オーディナルスケール- 』 感想

ラノベ・WEB小説ランキングワールド

劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナルスケール- 』 感想

 

 

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

 

八真八 真の満足度・・・★★★★★★★★★★ 10/10

 

 

感想

見てきましたよ、劇場版SAO!!
川原礫先生書き下ろしストーリーということで、期待していたんですが、
こっちの期待を軽々と超えていきやがる。
もちろん川原先生のストーリーだけじゃなく、全編通してのクオリティの高さはさすがの一言ですね。

 

 

 

 

ストーリー・・・S

この映画の見所の一つはこれまでのVRMMOの世界からARへと舞台が移ったことでしょう。

序盤にこのARデバイス『オーグマー』とそれを使用したゲーム『オーディナル・スケール』についての説明があるんですが、

なんていうか・・・

こういう近未来的ゲーム機って心躍るよね!!(えー

いや、SAOの魅力って将来的に実現されそうな、ちょっとリアリティのある世界観、というかゲーム描写も大きいと思うんですよ。

実際SAOを読んで、SAOとかGGOとかやりてぇーって思ってる方多いと思います。

それが、アリシゼーション編に入ってから(小説の話です)はゲーム要素が薄れて、ほぼファンタジー世界の物語になっちゃってたんでオーディナル・スケールのいかにも「未来のゲームです!」的な描写は非常にテンション上がりましたね。

また、この描写が非常に上手くて、本気でこのゲームがやりたくなってくるんですよね


ただこのゲームがただのゲームのままで終わるはずがなく、またしてもキリト達はSAOに関わる事件に巻き込まれていく。

そこに新キャラクターの『オーディナル・スケール』ランク2位のエイジ、『オーディナル・スケール』の歌姫ユナ、

『オーグマー』の開発者である重村教授の3人が深く関わってくると言う展開ですね。

この序盤で『オーディナル・スケール』の面白さに喰いつかせておいて、徐々に事件の伏線を張っていくのはSAOシリーズの王道展開なんですが、この日常から非日常への切替が今回も抜群に上手かったですね。

そして非日常に切り替わってからの感情の揺さぶりとクライマックスに向けての盛り上がりはホントすごかった!

特にラストバトルでの戦闘中の心の中でのハイテンションっぷりはやばかったです!

私が2ちゃんねらーだったら間違いなく「キターーーーーーー」と連呼で投稿していたことでしょう(えー

 

時系列的にはTV版第2期の後~、マザーズ・ロザリオ編とアリシゼーション編の間の物語ですけど、
マザーズ・ロザリオの後日談、アリシゼーション編に続く物語ってよりは
アインクラッド編の補完であり、SAOシリーズの呪縛の決着といったイメージですね。

っていうか正直これって、まさにSAOの完結編じゃねーか!(えー

ってくらい内容が詰め込まれてます。

いや、個人的にアリシゼーション編が完結編ってのにずっと違和感があったんですよね。

あれはあれで壮大ですばらしいんですが、完結編って言うより新章の第1部って感じというか、

PoHのことを除けば、SAOの先の物語って感じなんですよ。

では『オーディナル・スケール』の、どのあたりがSAOの完結編にふさわしいのかですが、

 

①SAOに因縁のある新キャラ

まず新キャラクターの3人が全員、SAOと深い関わりを持っていると言うことですね。

SAOで亡くなったプレイヤーの遺族だったり、茅場晶彦と深いかかわりがあったり、SAOサバイバーだったり。

今だSAOの呪縛に囚われている人たちを解放させるための物語でもあるわけです。

 

②キリトとアスナの物語

SAOってアインクラッド編を除けば、メインヒロインはアスナじゃないんですよね。

マザーズ・ロザリオはヒロインって言うより主人公って感じなのと、あれはアスナとユウキの物語であって、

キリトとアスナの物語ではないですしね。

GGO編に至ってはほぼ夫の帰りを待つ妻状態ですよ!(えー

アリシゼーション編もキリトとユージオとアリスの物語であり、アスナは活躍の場こそあれ、あくまでストーリーの中心ではありませんでした。

でも、完結編ならやっぱ「アスナがメインヒロインじゃないと」って思ってしまうわけですよ。

そんな中『オーディナル・スケール』はまぎれもなくキリトとアスナの物語なんですよね。

何しろ冒頭のSAO時代の思い出のシーンからすでに物語の伏線となってますからね。

そしてこれは、キリトとアスナの恋愛における完結篇でもあるように感じました。

 

③ラスボスがSAO第100層のボスモンスター

この映画のラストバトルの相手はなんと、SAO100層のフロアボスに設定されていたボスモンスターなのです。

その点、今回のラスボスは茅場晶彦の遺産ともいうべきモンスターであり、茅場晶彦本人を除けば

本当の意味でのSAO攻略を向かえるにあたって最もふさわしい敵ではないかなと。

 

ってな理由で『オーディナル・スケール』がSAOの章、アリシゼーション編~を新章と考えるとしっくりくるんですよね。

(PoHがじゃまだな...)(えー

もう、8.5巻とかで文庫化してほしいくらいですね(えー

とにかくこの映画はSAOの集大成ともいえるほど素晴らしいストーリーでしたってことが言いたかったんです。

 

 

演出・・・S

さすがは劇場版。超ハイスペックな作画の質に加えてキャラが動く、動く

戦闘シーンでも最初はARシーンに慣れてないキリトの動きから終盤の超高速戦闘まで、非常に上手く描写してます。

音楽との相乗効果も素晴らしく、ユナの歌が戦闘シーンをめちゃくちゃかっこよく盛り上げてますね。

何よりラストバトルへの盛り上げ方がやばい!!

ラスボスの圧倒的な強さと全滅寸前でのアスナの参戦。

そこから主要キャラが全員集合してのラストバトル。

SAO時代のキャラに戻り、二刀を抜くキリト。

そしてアスナのマザーズ・ロザリオからのスイッチでのスターバ-ストストリーム(多分)。

もうこの一連の流れはマジで神がかってました。

この怒涛の展開が超きれいな映像美で描写され、こっちのテンションは完全に振り切れっぱなしの状態。

マジで、もしも家で一人で見てたらガッツポーズしながら叫んでたと思います(えー

 

 

とにかくSAO好きの人、特にアインクラッド編が最高だという人には見て期待を裏切られることはないと断言できます!

逆に初めて見る人はTV版1期2期を見るか、文庫8巻までを読まないとついてけないと思いますが・・・僕には関係ないですね!(えー

 

 

 

 

最後に・・・SAO第100層のボスってヒースクリフじゃなかったっけ?(えー

 

これについてはきっとヒースクリフがこのモンスターを召喚すっる設定だったと(無理やり)納得してます(えー

 

 

 

 

<ライトノベル書籍>

管理人のライトノベル(ラノベ)等感想リストへ戻る

 

 

感想 その他感想    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: